ピルの副作用は大丈夫!

ピルを飲み始めて二週間ぐらい経った頃の吐き気が襲ってきました。

その前から頭痛がしていていまだに痛みが伴っています。

ピルの副作用がでたのかしら・・・

でもピルの副作用が多少はでるものとは思っていたのでそんなには驚かなかったです。

ピルには低用量ピル、中用量ピル、高用量ピルの3種類あります。

一般に皆さんが使用されているのは低用量ピルですが低用量ピルは副作用も少なく安全性の高いお薬だといっています。

そういう話を聞いて私も低用量ピルを使用することに決めたのです。

低用量ピルには2種類のホルモンがあります。

一つは「卵胞ホルモンのエストロゲン」ともう一つは「黄体ホルモンのプロゲステロン」があります。この二つのホルモンが体に入って脳に到達します。

脳に到達したホルモンは刺激を受け妊娠したと勘違いをさせるというしくみなのです。

だから副作用が起こるのはしかたがないのです。

ではいったい低用量ピルの副作用はいつまで続くのでしょうか・・・・・

どうして私がピルを飲むことになったのは生理痛が酷いのと生理の出血量が多かったからです。

これが理由で服用することになったんですがまさかピルを飲んでピルの副作用が起こるとは思わなかったです。

ピルの副作用で吐き気や頭痛が襲ってくるとはね・・・

でも婦人科に言ってかかり付けの医師に診てもらったら最初はピルの副作用が起きるがしばらくするとこういった症状もなくなると言っていました。

私は少し「ほっ」とした気持ちになりましたね。

「しばらく様子を見てみょうかな」と思います。

婦人科に行ってよかったな!!と思いました。

皆さんももしピルを服用してこんな副作用がでたらまず悩まないで気持ちを楽にしてかかり付けの婦人科に相談することをおすすめします。

ピルの副作用は大丈夫です。皆さん心配はいらないですよ。

ピル飲み忘れの対処法

皆さん!!ピルのことはご存知ですか?

ピルは避妊薬としてはすごーく効果のある薬だということですが・・・・・

でも避妊薬だけではないんですよ!!

ピルの中でも低用量ピルは副作用も少なく安全性が高いお薬です。

その低用量ピルを最近使用することになりました。

月経の量が多いのと月経痛もひどかったので毎月とても大変な思いをしました。

低用量ピルはそんな私の救いでした。

初めは少し低用量ピルを服用することに抵抗がありましたが服用してみたら体もだいぶ楽になりました。

月経の量も前に比べて少なくなったし、月経痛もピルのおかげで痛みは和らいできました。

こんなことだったらもっと早く服用しておけばよかったと思いましたね。

ピルの飲み始めは生理がきた最初の日に1シートの1錠を服用します。

ピルは21錠タイプと28錠タイプのものがありますが私が使用しているものはピル飲み忘れにならにように28錠タイプのものを使用しています。

詳しくいうと21錠タイプのものは生理が始まったら毎日決まった時間に21錠を1錠づつ服用します。

私が使用している28錠タイプのピルは生理が始まって1シート目の1錠から始まり、毎日1錠づつ21錠服用します。

残りの7錠は「偽念」といって偽物の薬になっています。

28錠あるうちの21錠を服用して残りの7錠(偽念)も続けて服用します。

そうすることによってピルの飲み忘れを防げるのです。

ピルを飲み忘れると大変なことになります。

ピルの飲み忘れに注意をしましょう。

ピル飲み忘れが12時間以内でしたら気にせず早くお飲みください。心配はありません。

ピル飲み忘れが12時間以上~24時間以内でしたらすぐにピルを飲めば大丈夫です。

ピル飲み忘れが36時間以上~48時間以内でしたらピルをすぐに服用します。万が一のために他の避妊方法と併用しながらやってください。

ピル飲み忘れが48時間以上でしたらすぐに服用を中止したください。このときに必ず別の避妊方法を行ってください。

心配なようでしたら婦人科の医師と相談することをおすすめします。

避妊効果はありませんので服用を中止して生理が来たらピルをまた最初のシートに戻ってピルの再開をしてくださね!!