事故・ケガ(刺し傷について)

桃刺し傷

桃(心配のない場合)

刺し傷で心配ないものは、子供が小さなとげを刺した場合ですが、転んでとがったものを刺した場合は危険です。おもちゃで遊んでいて前のめりに転倒したために深い刺し傷を負ったという例も少なくありません。
危険なものを乳児のまわりから遠ざけるとともに、危ない場所には近寄らせないことが大切です。子育て中のお母さんは目を離さないようにして下さい。刺し傷で怖いのは、釘や、針のような細いものを刺した場合や、汚れた木片やとがった石などです。破傷風の危険もありますから早めに受診して、きちっと治療して下さい。子供が化膿し始めたら子育てをしているお母さんは急いで病院へ、連れていって下さい。

桃(とげの応急処置)

1)放っておくと痛みがひどくなり、化膿しやすいので、ピンセットや毛抜きで抜き、消毒液(外傷救急薬など)をつける。
2)指の根元を強く握って抜くととり出しやすい。

桃(釘などの刺し傷の手当て)

1)すぐに消毒液(オキシドールや外傷救急薬など)で消毒ガーゼを当てたあと早めに外科で見てもらう。子育てをしているお母さんは、注意を
する必要があります。子供は、何でも平気で触りたがります。気を付けましょう。

桃(針の刺し傷の手当て)

1)小さい出血点を見つけたら、針の数を数えて本数を確かめる。本数が足りていたら、出血点を口で吸って少し血を出し、消毒する。
2)本数が足りない場合は外科で見てもらい、X線検査をして下さい。
3)皮膚の深くに刺さって折れていたら摘出手術が必要です。

桃(刺し傷のSOS症状)

1)ガラス、木片、金属片など刺した。
2)汚い場所で汚い物を刺したら注意を。
3)とげが深く刺さっていて、ピンセットでは抜けない場合は気を付けよう。
4)小さなとげのまわりが赤く炎症おこし始めたり、化膿してきたら注意が必要。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

事故・ケガ(切り傷・すり傷について)

音符切り傷、すり傷

音符(心配のない傷)

小さい切り傷やすり傷などは、赤ちゃんが活発に動き回るようになるころからふえ始めます。はいはいやおすわりができるため、切り傷やすり傷が多くなるので目が離せません。特に乳児の時は気を付けましょう。
傷口が小さく浅い切り傷は、ほとんどが家庭での治療で治ります。
また、乳児のすり傷もそれほどひどいものは少ないので、家庭で手当てをすれば、大丈夫です。
ただし、傷口が小さくても、軽いすり傷でも、ガラス片や針、金属片、汚れた木片や汚れた場所でのケガには気を付けて下さい。
子供は危険なところが好きなので、子育て中のお母さんは目を離さないように注意が必要です。

音符(すり傷の治療)

1)傷は比較的浅く出血も少ないが、細かい砂やほこり、泥が付着しやすいので、水道水を流しっぱなしで洗う。
2)消毒液(オキシドールや外傷救急薬など)で消毒して、消毒ガーゼを軽くバンソウコウでとめる。

音符(小さい切り傷の手当て)

1)砂や泥で汚れていたら水道水で洗ってから消毒液(外傷救急薬など)をつける。軟膏はつけなくてもよい。
2)衣類でこすれる部分でなければ、そのままにして乾かすほうが治りが早いです。
3)こすれる部分や指先などは包帯を軽く巻いたり、バンソウコウで押さえたほうがよい。

音符(子供の小さい傷のSOS)

1)傷口が小さくても、ガラス、金属、汚れた木片、汚れた場所などでおきた場合。
2)3~4日たってもジクジクしている。
3)4~5日たってもかさぶたができない。
4)赤くなってほてってきた傷は注意する。
5)出血が止まらないもの。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児