スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防接種の正しい受け方

ローズ(おたふくかぜ)入園までにすませたい(流行性耳下腺炎予防)

耳の下がはれて、顔がおたふくのようになるのでこうよばれています。
幼児から学童に多い病気ですが、まれに新生児でのの発症もあります。
潜伏期は、2~3週間で、幼児が1度かかってしまえば、一生の免疫ができます。重い病気ではありませんが、大きくなってからかかると幼児は重
病になりやすく不妊症の後遺症が心配です。

ローズ(初めに出る症状)

1)子供の初めに出る症状は38~39度の熱が1~3日続いて、耳の近くが痛みます。
2)熱が出ないので、耳の下に軽いはれと痛みがあることも子育てをしているお母さんは、ここでおたふくだということに気づいて下さい。
3)発熱の1~3日後に、子供の耳たぶの下にゴムマリのようなはれが見られます。押すと痛むので子供はいやがります。

ローズ(続いておこる症状)

1)片側がはれて2~3日すると、もう片方もはれがみえます。片方だけですむ子供もいます。
2)はれのピークは2~3日で、口を開くと痛むため、飲んだり食べたりするのを嫌がります。子育て中は気をつけて下さい。
3)髄膜炎を合併しやすい。

ローズ(治りぎわの症状)

1)子供の熱が下がり、はれてから7~10日後には自然にはれがひきます。

ローズ「うつされやすい時期」

耳下腺がはれてくる2~3日前から、はれが引くまでの間、子供がもっともうつりやすい時期です。

ローズ(受ける方法)

生ワクチンを皮下注射する。

ローズ(受ける時期と回数)

1歳の子供からいつでも受けられるので、保育園や幼稚園の入園前までにはなるべく早く受けて下さい。遅くても小学校高学年までには、すませておいたほうが子育てをしているお母さんにとってはよいと思います。

ローズ(副反応)

まれに、熱っぽくなることがあります。

ローズ(接種前後の注意)

風邪気味、熱がある子供はひかえる。はしかの予防接種を受けていたら、1ヵ月以上あけて接種をする。

ローズ(接種後のケア)

受けた当日は入浴はひかえて、幼児は室内で静かに過ごす。熱が出てないかをチェックをする。発熱、不機嫌、ぐったりの症状があれば病院へつれて行く。子育てをしているお母さんは心配ですね!!

ローズ(受けられない子供)

風邪気味の子供は、医師に相談して下さい。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

予防接種の正しい受け方

ローズ(風疹)三日ばしか
3~10歳くらいにかかることがおおいのですが、乳児では、はっきりした症状が出ない程度にかかってしまうことがあります。
潜伏期は2~3週間で、発病前後の1週間は感染の可能性があります。
子育てをしているお母さんは気をつけて下さい。
三日ばしかといわれる病気で、子供は軽いはしかのような症状がありますが、重くなることはほとんどありません。
ただ、軽いとはいっても、免疫をもっていないお母さんが妊娠してた場合、子供からうつされると困ります。
先天性の病気を持った子供が生まれる危険があるので、子供に接触して免疫をつくっておきましょう。お母さんも妊娠していないことを確かめた上で予防接種を受けましょう。

ローズ(子供の受ける時期と回数)

1)小学校入学までにすませる。
2)中学生で1回(男女共)
3)大きくなってからかかると、重くなりやすいので早めに受けておくことが大事です。大流行が周期的にやってくるので特に保育園や幼稚園に通っている子供は早めにすませましょう。子育てをしているお母さん!なるべく3歳ごろまでにすませたいですね。

ローズ(接種方法、副反応)

風疹ウイルスの生ワクチンを皮下注射しますが、1回の接種でほぼ、免疫がつくれます。子供に一度免疫がつくと、生涯有効です。副反応は、ほとんどないです。
子育て中のお母さんは安心ですね。

ローズ(接種前後の注意)

3~4年の周期で大流行があるので、兆しがあれば医師に聞いてから受ける。子供が風邪気味、体調が悪い時は見合わせる。受けた当日の入浴はひかえる。

ローズ(受けられない子供)

子供の熱が高いときや、体力が落ちている時はひかえる。体質的に受けられない子供はいないようです。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。