スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年中行事のしきたり・マナー

年中行事・しきたりマナー

☆クリスマスの由来
クリスマスのお祝いはキリスト教の習慣ですが、日本でも親しまれています。サンタクロースの由来や、クリス
マスのしきたりについて紹介していますね!!

☆クリスマス
クリスマスは、キリスト教徒の国では一般に「イエス・キリスト」の誕生をお祝いする日です。
しかし12月25日に日本では、一般的にバレンタインデーやホワイトデーなどのような楽しいイベントの1つという意味合いが強いようです。

2月25日はキリストの誕生日で、キリスト教ではない日本人もイベントとして楽しんでいます。
サンタクロースの伝説はクレメントムーアというアメリカの詩人から生まれたとされています。
その詩ではニコラウスという聖者がトナカイに乗り、煙突から入ってプレゼントを子どもたちに配っています。
サンタクロースは聖ニコラウスに由来しているといわれています。
日本のクリスマスは、一般にラブイベントの特色が強いため家族・恋人向けに、様々な催し物が行われます。
そのため11月末頃から、街はクリスマスカラーと呼ばれる赤・緑・白などの色とりどりの装飾品で飾り始められ、テーマソングである「ジングル・ベル」の曲が流れて、デパートや百貨店には、サンタクロース・トナカイ・もみの木などのオブジェや高級な「クリスマスの贈り物」が並びます。
色気が出てきた街の景色を見て、「もう12月なんだ」と感じる方も多いのではないでしょうか。
最近では海外に負けないほどの装飾品を飾る家庭が多くなったと言われています。
日本はこの日のために盛大にやるようです。
子育てをしているお母さん子供たとのイベントを大事にしています。
そしてなんと言っても子供達は親達のプレゼントをとても楽しみにしています。

☆年賀状
もともと年頭には、祝賀を交換する習わしがありました。
やがて年賀のために元旦に上司や目上の人などの家を回るようになり、年賀を受ける側も酒肴や雑煮などを用意

してもてなすようになったと言われています。
しかし、年賀に行けない人は、年賀の挨拶を手紙に書いて送っていました。

現在、年賀の祝賀は、年賀状だけで済ませることが多くなっています。
この年賀状では「謹啓」「拝啓」などの頭語は不要です。
代わりに「賀正」「謹賀新年」などと書き出します。
ちなみに、最後の日付を「1月元旦」と書く人がいますが、元旦とは1月1日の朝のことを指すので「1月」は不

要です。次は気をつけてみてくださいね。
年賀状も親子で手作りの年賀状を作ってみてはいかがでしょうか?
きっと楽しいはずですよ。
子育てをしているお母さんも頑張って参加してみてくださいね!!

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

年中行事 手紙のしきたり・マナー

年中行事 手紙のしきたり・マナー

手紙と葉書について

葉書は近代になって使われだした略式な手紙です。
出す相手と書く用件によって、手紙と葉書を区別するのがいいでしょう。
葉書は「端書」とも書きます。
端書は、端である紙片に書きつける覚書の意味です。
葉書は簡潔に用件を伝える場合などの便宜的な手段として利用します。

☆表書きについて

手紙や葉書を送るとき、相手の名前にあとにどのような敬称とつけるのかは、相手に地位や送る側の立場などで
違います。

1・最も一般的な敬称は「様」です。

相手が目上、同輩、目下、男女に関係なく使います。
殿は公文書やビジネス文など改まった形で相手に手紙と出す場合に用いますが父親が自分の子供に出すときにも、殿を使うのが一般的です。

2・御中は、相手が個人でなく会社や組織、団体などの場合に使います。
「○○会社御中 □□様」と書くのはおかしいことです。なので使う時に分けて使うようにしましょう。
各位は相手が個人ではなく、複数の人に出す場合に使います。

その他、手紙を受取人自信に開封してほしいときは、封筒表の左下に赤字で「親展」と書きます。
親展の「親」は自ら、「展」は開いてくださいという意味です。
これは覚えておいても損はないですので覚えておきましょう。

☆裏書きについて

手紙の裏書きは、住所を書いて、その左側に差出人の名前を書きますが、名前は中央の封筒のつなぎ目の上に書
くのが正式な書き方です。
でも、書きにくいときは、つなぎ目の右側に住所を書き、左側に名前を書いても構いません。
また、手紙を入れて封をしたときに「〆」「封」「緘」などと書きますが、古くからの習わしでは「〆」が一般
的です。
最近はあまりそのようなこともやらない人が多くなってきましたが、こういうことがあることを覚えておくこと
も大事です。

☆最近は親子で手紙のやり取りをしている人が多くなってきたようです。
言葉で言えないことを手紙で書くのもいいでしょう。
手紙は文章力ができるようになりますので子供にはどんどん書かせるようにしましょう。
考えながら書くという力を身につけるという意味ではいいと思いますね!!
親子で手紙のやり取りはとてもすばらしい!!普段からそういう教育をしていけば楽しい生活ができますね。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。