年中行事 縁起のしきたり・マナーについて

年中行事 縁起のしきたり・マナーについて

☆大安・仏滅

冠婚葬祭など日取りを決めるときに、「結婚式は大安の日」とか「友引だから葬式を繰りあげよう」などとよく聞きますが、ここで使われる大安、友引などは、古代中国の「六曜」という暦の考え方にもとづいているようです。

三国志で有名な諸葛孔明が、戦いのときに吉凶の日を知るのに利用したことに端に発しているといわれます。
日本に伝わり、江戸時代半ばから急速に広まっていきました。

(六曜のそれぞれの日の意味)

先勝・・・午前が良く、午後は悪い。
友引・・・正午のみが凶。
先負・・・午前が悪く、午後が良い。
仏滅・・・1日中最凶の日。
大安・・・1日中良い日、大安吉日という。
赤口・・・昼だけが吉、朝・夕は凶で災いに出会いやすい。

本来中国では、戦いや争いごとの吉凶の日を占うものでした。
日本では日常生活全般に用いられるようになって、なかでも友引は、もともと「争いごとで、共に引き分けて勝負なし」の意味です。
文字から連想する「友を引く」との意味に取られるようになり、葬儀など弔事が避けられるようになったということです。

おみくじ江戸時代ごろから神社にお参りをしたあと、おみくじを引いて占うようになりました。
おみくじは、「御籤」「御神籤」と書きます。

昔から神仏の配慮は公平と信じられ、偶然は公平という考えもあって、おみくじを利用するのは、地域共同体を円滑にまとめる手段でもあったのです。
室町時代には、足利幕府6代の将軍を決めるときに、守護大名たちの意見が一致しなかったので、石清水八幡宮の神前でおみくじによって決めたという記録が残っています。

ちなみに、物事を決めるとき、おみくじの他にあみだくじが使われることもありますが、あみだくじは、もともと紙の上に阿弥陀仏の光背のように、放射線を描いてくじとして引いたことから、あみだくじと呼ぶようになったとのことです。(なるほど!!勉強になりますね)

☆お百度参り
願掛けのなかにお百度参りがあります。

(お百度参りの特徴)

1・お百度参りは自分の家から神社やお寺までの間を1日に百往復して、1回ごとに神仏を拝んで願掛けをするものです。回数を確かめるために、ふところに小石などを入れて行き、拝むたびにその小石を置いて帰るということをしました。

2・お百度参りとよく似た願掛けに百日詣があります。
お百度参りが1日に百回行うのに対して、こちらは百日間、毎日、神仏を拝んで願を掛けました。
千度参りや千日詣などの願掛けもありました。
いずれも、区切りのよい回数や日数を決めて、それを厳守することで満願成就につながると信じられていたのです。
お百度参りや千日詣の結果、願いがかなったときには、その神仏にお礼の金品などを奉納する願果たしや願ほどきなどを行いました。
現在ではこういったお百度参りなどを個人的に行う人がいるようです。(病気快癒、商売繁盛、受験合格など)
昔は、個人的よりも団体で行う方が多かったようです。(村落全体や、戦勝祈願など)

親子で楽しむ遊びおみくじやあみだを使って遊ぶ方法です。
(用意をするもの)
・大きめの箱(テッシュの空箱でもいいですよ)
・色紙
・はさみ

1・色紙に自分の占いたいことを書こう。(例えば花ことば、好きなキャラクターの名前、など)
ラッキー賞なども入れてね。

2・色紙に書いたものを箱の中に入れます。(箱はテッシュの空箱が楽にできます。すでに真ん中があいているので切らなくてもいいからです)

3・箱に色紙をを張ったり、絵を書いたり、ディスプレーをしてみょう!!

親子で共同作業しながら作ってみましょう。とても楽しいですよ。これで親子のコミニュケーションもバッチリです。おみくじを作ったら楽しく遊んでね。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児