スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年中行事 贈答のしきたり・マナー

年中行事 贈答のしきたり・マナー
■年中行事を家族でお祝いしましょう。楽しいこといっぱいです!!

★お中元
現在、中元というと、日ごろお世話になっている人に、夏の挨拶を兼ねて品物を贈ることをいいます。
7月15日に中元には盂蘭盆会の仏事が、寺院などで盛大に行われるようになりました。
仏教が日本に伝わると、7月15日の中元の盂蘭盆会がお盆の行事になり、その際、子供から親に魚などを贈るようになりました。
このころまでは、贈答は家族間に限られていました。
お中元が現在のように仕事関係など、広く贈られるようになったのは、明治30年代だということです。
百貨店などが売り上げの落ちる夏の時期に大売り出しをして、お中元の贈答習慣が毎年、夏に定着したといわれますが、そんな話だったとはね!!
7月上旬から8月15日ごろまでにお中元を贈るのが一般的ですが、7月15日を過ぎた場合には、表書きを「暑中見舞い」とします。
8月8日過ぎた場合は、「残暑見舞い」と書くのが無難です。

★お歳暮
お歳暮も中元同様、年の暮れという時期を指す言葉ですが、やがて年末に贈答のことをいうようになりました。
もともと年の暮れになって年神様や祖先の霊に、米、餅、魚などを供える供物を家族で持ち寄ったことに始まりますが、仕事などで帰省できない子供や親戚たちが、供物を贈るようになり、それとともに親の長寿も願ったのが、お歳暮という習慣に変わっていきました。
かつては、お歳暮は、主として塩鮭や塩ブリなどの魚が多く贈られました。
こうした魚を年取り肴といわれ、年越しの食膳には必ず出されたうえ、塩引きなどの処理によって長期の保存ができたことから重宝されたのです。
お歳暮を贈る時期は、12月上旬から25日ごろまでが一般的です。
この時期に贈ることができなかったときは、新年になってから表書きをお年賀と書いて贈ります。

★水引
水引は、丁重な贈り物をするときの包み紙にかけたり、結んだりする紙紐のことです。
水引は、神に進物を供えるときにかけた「しめ縄」の変化したものとされます。
一般的に慶事のときは紅白、あるいは金銀や金紅二色などの水引を3本または5本にして使います。
弔事のときは黒白、あるいは藍白二色、白一色、銀一色などの水引を、2本または4本にして使います。
結び方も何度あってもうれしい祝事のときは、結び直しのできる両輪結びや蝶結びにします。
結婚や弔事などのときは、二度とないようにという意味で結び切りやあわび結びにします。

お中元やお歳暮は家族のおつきあいなどでお世話になった人に送ったり、送られたりします。
そういう関係をきづくのは長年、その人の信用性をものがっていると思います。
これも楽しみのひとつですよね。子育ての関係のお母さんたちも関係してくるといえるでしょう。





テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。