年中行事しきたりマナー

年中行事しきたりマナー

■祝い事のしきたり
☆七五三について
11月15日、3歳になった男女、5歳になった男子、7歳になった女子の成長を祝って、晴れ着を着せて氏神を祀っている神社に行き、お祓いを受ける行事が七五三です。
地域によって男女の年齢の区別をしないところもあります。
昔は、正月吉日か誕生日などに行われましたが、江戸時代になって徳川綱吉の子供である徳松君の祝いを11月15日に行ったことから、以後この日になったといいます。
また、かつては「7歳までは神のうち」といわれるほど、7歳までの死亡率が高かったことから7歳まで無事に生きてきた子供の成長を氏神に見せて感謝する意味もあったということです。
ちなみに、七五三に欠かせない千歳飴は、江戸の浅草寺境内で売られていたものが、全国に普及したものだとか。
知っていましたか・・・・・?

■七五三とは?
七五三は数え年で行います。男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳です。近くの神社に家族でお参りし、これまでの成長への感謝の気持ちと、これからの成長を願います。

☆成人式現在は、男女ともに20歳になると成人と認められますがその昔は、日本で、古くから男の子が大人の仲間入りする通過儀礼が行われています。
682年には儀式として制定されていました。
奈良時代以後は元服と呼ばれるようになり、元服の「元」は首、「服」は着用するという意味です。
宮廷や貴族たちの社会では、13歳くらいから15歳くらいになると、元服して髪型を変え、冠をかぶるようになり、きるものも成人の服装に変わったのです。

☆男は15歳くらい、女は13歳くらいから大人扱いされていたのです。

■成人式とは?
成人式は昔の元服の儀に由来しています。一人前として扱われる儀式です。成人の日は1月第二月曜日となり、それ
ぞれの地域で式典や祝賀会が行われます。


☆還暦の祝い
江戸時代には、数え年で60歳になると、公私ともに隠居するようになりました。
61歳の還暦の祝いが人生のケジメとなりました。
現在は、満60歳で還暦を迎えますが、昔は数え年で年齢と数えていたので、61歳で還暦ということになりました。そして赤ちゃんの時に来ていたような赤い頭巾とちゃんちゃんこを贈って、無病息災と長寿を祝福したのが慣わしです。

■還暦とは?
還暦(かんれき)は数えで61歳の時に祝います。61歳の時に干支が一巡し、生まれた時の干支に戻ります。暦が還るため還暦といいます。

◆家族で七五三・成人式・還暦の祝いをやりましょう!!
親子でお祝いをやるのは楽しみの一つです。
思い出に残るように事前から準備をして楽しむのも親子の絆だと私は思います。


テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント