スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結納について

年中行事のマナーとしきたり

☆結納とは?結納についてお話します。
最近の婚姻では、結納を省略するケースが増えているようですが、かつては家と家を結びつけるという意味で、結納の儀礼が非常に重視されました。
もともと結納とは、婚姻に先立って、婿方が女性の家に持参する縁起のよい酒肴、もしくはその儀礼そのものを指しました。
平安時代ごろの婿入り婚でも、婿方が初めて女性の家に入る際に酒肴を持参したといいます。
戦国時代から江戸時代にかけての武家社会では、嫁入り婚の形をとるようになり、結納は、婿方、嫁方の家の格式にふさわしい物品に変わっていきました。
具体的には、花嫁の衣装や帯などの身のまわり品一式を取り揃えて、仲人を介して贈られるようになったといいます。
結納は、両家の結びつきを確かめる儀礼的な贈答交換であったようです。
しかし、婚姻はある面で家の働き手が代わること、つまり嫁方の働き手が婿方に移ることに対する代償的な意味を含んでいたともいわれます。また、婚姻が婿方の都合で破綻したときの、一種の保障的な意味も含んでいたということです。「よく考えると昔は今と違って奥が深いなぁ」と思いました。
ようするに結納は結婚約束の保証金ということになりますね!!

■納の形式
結納の形式は地方によって異なります。結納は二つに言い方があり、往復型結納(関東)・片道方結納(関西)などがあります。
正式な結納から略式の結納まで結納の形式を詳しくご紹介していますね。
結納とは昔の縁起物を集めた結納品を使う儀式です。最近ではできちゃった結婚とか戸籍をいれないでいっしょに暮らすというパターンが多いようです。
だんだん結納を行わないカップルが増えてきていますが、それでも最も一般的な婚約の形式といえます。

☆往復型結納(関東)
主に関東以北で行われている結納の形式です。男性側、女性側が結納品を用意し、交換します。
最近は、両家が一ヵ所に集まり略式の結納を行うようです。
正式には仲人が男性側の結納品を女性側に届け、女性側から受書と結納品を預かり男性側に、最後に男性側からの受書を女性宅に届けて完了となります。
このように、男性側と女性側の結納品を交換する往復型結納は「結納を交わす」と言います。
結納金は男性側が100万円を送った場合、女性側からは50万円を贈ります。これを「半返し」と言います。
男性側からの結納金は実際には半分となります。

☆片道型結納(関西)
片道型は男性側から女性側に結納品を届けて、受書を男性側に届けて完了です。
結納を行う際に、仲人に受書と「おため」という結納金の一割を渡します。仲人が男性側に受書と「おためを届けた際に、男性側は謝礼金として「おため」を仲人に渡します。
この「おため」を仲人が結婚の祝い金にあてる仕組みになっています。
仲人への正式な謝礼は挙式後に渡します。
片道型の結納は「結納を納める」といいます。

■関東と関西では結納の仕方がこれをみてもよくわかりますね!!昔からの結納これからも残しておきたいと
思いますが、時代の流れでだんだん変わってくるのだろうと思います。
昔からの風習を大事に守って行きたいですね!!


テーマ : 結婚祝い
ジャンル : 結婚・家庭生活

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。