妊娠・出産のしきたりマナー

「妊娠・出産のしきたりマナー」

(帯祝い)
帯祝いは着帯祝いともいいます
いまではどちらの言葉もあまり聞かれませんが、妊娠5ヶ月目に妊婦が、岩田帯と呼ばれる腹帯を巻くお祝いのこ
とです。
この儀式は、妊娠5ヶ月目の戌の日を選んで行います。
なぜ戌の日かというと、犬は多産で、お産が軽いことにあやかるようにとの願いが込められているからだといわれています。
この日のために、妻の実家から岩田帯に使う白木綿のほか、米や小豆なども贈り、帯役という子宝に恵まれた夫婦
に立ち合ってもらうのが一般的です。(最近はこういう傾向は少ないです)
当日は、妊婦に岩田帯を巻き、家族や親しい人たちと赤飯などを食べてお祝いします
もともと岩田帯は、斎肌帯(いはだおび)から変化した言葉である。
「斎」は「忌み」という意味で、かつて出産はケガレと考えられたので、この腹帯を肌に着けて安産を願ったので
す。そうした信仰のほかに、岩田帯はお腹の胎児を守り、妊婦の腰痛や冷えなどを防ぐ役割も。

(お七夜)
赤ちゃんの出生7日目になると、夫婦のほか両家の両親などが集まって、お七夜というお祝いをしました
もともと平安時代の貴族階級では、こどもが生まれた日を初夜、3日目を三夜、5日目を五夜、7日目を七夜、9
日目を九夜といって、奇数日に出産を祝う「産立の祝い」の行事をしていました。
それが、江戸時代に、七夜だけが行事として残り、この日を名づけ披露としてお七夜と呼ぶようになったといいま
す。
とくに徳川家では、お七夜を命名の儀として、諸大名から祝い品を受け取るなど公式行事にしたので、庶民の間に
も広まったといいます。
命名当日は、奉書紙などの中央に墨で「命名 ○○○」と決めた名前を書き、左側に誕生年月日を書きます。
その紙は、神棚の下や床の間の柱などに貼り下げるのが通例です。

(お宮参り)
生まれた子供を初めて家の外に連れ出し、近くの神社にお参りする儀式を宮参りまたは初宮参りといいます。かつては、自分の氏神を祀っている神社に連れて行き、新しい氏子として認めてもらうのが習わしでした。
生後20日から50日ごろの子供を連れて、恵方にすむ知人宅を訪ねたのが始まりといわれます。
室町時代になって、後の将軍の足利義満が生まれたとき、幕府の威光を示すために、大がかりな宮参りが行われた
のがきっかけに、一般にも広まったといわれます。
現在の宮参りは、男子は生後32日目、女子は33日目に行うところが多いです。
地域によって、早いところはお七夜に行い、遅いところは100日目に行うなどまちまちだそうです。

(お食い初め)
生まれて100日目で行う儀式がお食い初めです。子供が一人前の人間として成長し、一生食べ物に困らないようにとの願いが込められているといわれます。
初めて母乳以外の食べ物を箸を使って与えることから箸初め、箸祝いとも呼ばれています。
地域によっては、100日目に行うので百日(ももか)ともいいます。
子供のために、新しい茶碗、お膳、箸など用意します。
お宮参りで神社などで茶碗、お膳、箸のセットを場所によってはくれるところもあります。

☆正式な祝い膳は、一の膳、二の膳とあります。
一の膳には、握り飯、鯉か鯛などの焼き魚、梅干と小石を添えます。
二の膳には、白い餅を添えます。
一の膳に添える小石は、氏神の境内から拾ってきたもので、子供の名前書き、お食い初めの後で拾ってきた氏神に
納めます。(小石を添えるのは歯固めの意味が込められているといいます)
現在のお食い初め、生後100日から120日目ごろに行うのが一般的ですが お膳は大人向けのお膳なので、子供には、形だけ食べるまねをさせて、儀式を終えるようです。

■親としては子供の成長がとてもうれしいと思います。
帯祝・お七夜・お宮参り・お食い初め・などしきたり、マナーはその家の都合により異なります。
全部その通りにしなくても出来る範囲内でやればよいと思います。
家族・親戚を交えて楽しい行事にしましょう。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児