年中行事 大晦日・除夜の鐘・年越しそば

「年中行事 大晦日・除夜の鐘・年越しそば」

◆1年の最後の日を「大晦日〔おおみそか〕」または「大晦〔おおつごもり〕」とも呼びます。

家族揃って新年を迎える12月31日「大晦日」には1年の間に受けた罪や穢れ〔けがれ〕を祓うために、大祓い〔おおはらい〕が宮中や全国の神社で執り行われます。仏教色が強い夏のお盆に対して、正月の行事の1つである大晦日は新しい年の穀物に実りをもたらし、私たちに命(年)を与えてくださる歳神様を祀る意味を強く感じます。
昔、1日は夜から始まり朝に続くと考えられていたため、大晦日は既に新しい年の始まりでした。そのため、この日に縁起物であるお頭〔かしら〕付の魚を用いた正式な食事やお雑煮などを家族揃って食べるなどします。これを「年越し」「年取り」といいます。年越しの夜は除夜〔じょや〕ともいいます。かつて、除夜は歳神様を迎えるため一晩中起きている習わしがあり、この夜に早く寝ると白髪になる、シワが寄るなどの俗信がありました。

◆除夜の鐘
除夜の鐘は108回突きます。この数は人間の煩悩の数とされ、新年を清い心で迎える意味があります。本来は107回を旧年中に突き、最後の一回を新年に突くものですが、(これは、今年1年煩悩に惑わされないように、という意味が込められているそうです。)現在は新年があけてから鐘をつくところが多いようです。
初詣や新年の挨拶は除夜の鐘が終わってから行うのが本来のならわしです。

◆年越しそば
年越しそばは、長く生きれる延命の縁起物です。江戸時代にはじまった風習で、大晦日のお祝いの食事としてはじまりました。

☆「家族揃って新年を迎える」これは日本人特有のものであります。海外ではお正月よりもクリスマスをとっても大事にします。「クリスマスがお正月なんです!!」
「家族揃って新年を迎える」どういう大晦日を過ごしたいのか・・・を家族といっしょに話し合いましょう。

☆大晦日にやりたいこと
1・除夜の鐘をつきに行く。
2・ご来光をを見に富士山に行く。
3・神社に初詣に行く。
4・紅白を見る。
5・家族」とゲームをして遊ぶ。
などです。というように親子の楽しみ方はたくさんありますね。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント