スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年中行事・十五夜・敬老の日・秋の彼岸

「年中行事 十五夜」

旧暦の8月15日を「十五夜」「中秋の名月」といいます。「中秋の名月」とは(秋の真ん中に出る満月)の意味で、旧暦では1月~3月を春、4月~6月を夏、7月~9月を秋、10月~12月を冬としていたことから、8月は秋のちょうど真中であり、8月15日の夜に出る満月ということで、そう呼ばれるようになりました。
現在用いられている新暦では1ヵ月程度のズレが生じるため、9月7日から10月8日の間に訪れる満月の日を十五夜・中秋の名月と呼んでいます。

「芋の名月?とも言われている十五夜」

「十五夜」は、中秋の名月を鑑賞する他、これから始まる収穫期を前にして、収穫を感謝する初穂祭としての意味あいがありました。9月頃に収穫される「芋」をお供えすることから「芋の名月」とも呼ばれているそうです。
現在では、満月のように丸い月見団子と魔除けの力があるとされたススキを伴えるのが一般的な「十五夜スタイル」です。
また、地方によってはこの日だけは、他人の畑の作物を無断で取っても良いとか、昔からの風習で子どもがお月見
のお供え物を盗んで良いとされています。

●最近の若い夫婦は十五夜をやらない人が多くなってきました。年配の人に教わりながら守って行きたい行事ですね!!
私はこういう昔から残っている行事は大事にしたいと思います。そして自分の子供に教えてあげたい!!
これも子育てをしているお母さんには親子で遊べるコミニューケーションだと思います。

「敬老の日」

敬老の日とは?・・・・・9月20日(2010年)
           (9月第3月曜日)

多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」趣旨として、1966年(昭和41年)に制定された国民の祝日2002年(平成14年)までは9月15日であったが、2003年(平成15年)から、9月第3月曜日となった。

(9月15日)
としよりの日 → 老人の日 → 敬老の日 → 老人の日

■9月15日は、聖徳太子が悲田院(ひでんいん)という病人・貧窮者・孤児などを救う施設を建立した日といわれています。その日にちなみ、1951年(昭和26年)に、「としよりの日」が作られました。
1963年(昭和38年)に老人福祉法が制定され、1964年(昭和39年)から、「老人の日」と名称が改められました。
■1966年(昭和41年)には国民の祝日となり、「敬老の日」となりました。
■2003年(平成15年)から「敬老の日」は9月第3月曜日に変更されたため、9月15日は「老人の日」となりました。

●なお9月15日~21日までの一週間は、「老人週間」とされています。
実際にこのことは知らない人が多いようだと聞いています。知って損はないので皆さんも覚えておきましょうね。

(長寿の祝い)
  
年齢(数え年)といわれています。

還暦(かんれき)・・・・・61歳(生まれた年の干支が一回りして戻るという意味からである )

古希(こき)・・・・・70歳(杜甫(とほ)の詩「人生七十古来稀(まれ)なり」からである)

喜寿(きじゅ)・・・・・77歳(草書体の「喜」が「七十七」と読めることからである)

傘寿(さんじゅ)・・・・・80歳(「傘」の略字が「八十」と読めることからである)

半寿(はんじゅ)・・・・・81歳(「半」の字を分解すると、「八、十、一」になるところからである)

米寿(べいじゅ)・・・・・88歳(「米」を分解すると、「八、十、八」になるところからである)

卒寿(そつじゅ)・・・・・90歳(「卒」の略字が「九十」と読めることからである)

白寿(はくじゅ)・・・・・99歳(「百」という字から「一」を取ると「白」になることからである)

上寿(じょうじゅ)・・・・・100歳または120歳(「最上位」という意味からである)

 「秋の彼岸」
彼岸(ひがん)とは、煩悩を脱した悟りの境地のことで、煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸」(しがん)と言うのに対して、向う側の岸「彼岸」という。

「彼岸会(ひがんえ)」は、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、前後各3日を合わせた7日間のこと。
また、この期間に行われる仏事のこと。暦の上では最初の日を「彼岸の入り」、最後の日を「彼岸明け」なお、地方によっては最後の日を「はしりくち」という地方もある。俗に、中日に先祖に感謝し、残る6日は、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳目、六波羅蜜を1日に1つずつ修めるためとされています。

(彼岸の行事)
古く日本には、季節の変わり目に農神を祭り、作物の豊穣を祈り、収穫を感謝する風習がありました。
さらに、日本古来の祖先崇拝の信仰と仏教の教えが一緒になり、日本独自の彼岸の行事となりました。
一般に、春は牡丹餅(ぼたもち)、秋は御萩(おはぎ)、それに五目寿司などを作って仏壇に供え、仏さまを供養し、祖霊を祭ります。家族揃って寺参り、お墓参りに行きます。それが私たち日本人の昔からの風習です。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。