教育の見直し

「教育の見直し」”子供の心をとり戻そう”

「本当の教育とはなんなの!!」

☆今の世の中で子供たちはうまくやっていけるのだろうか!!それがとても心配だ。
最近そんなことを思うようになってきた。
それは「自分さえよければそれでいい」という子供が多くなったからだ。
相手のことなんて心配すらしないそんな世の中・・・・・まるでロボットのような感じである。
暖かさも、温もりさえもないとても冷たい感じである。
きっと、「自分のことでせえいっぱいなんであろう」と私は思う。

まずは根本的なことを変えなくてはだめである。

(1)家庭環境はかなりあると私は思います。最近の親は子供に無関心の親が多いですよね。
会話はとても大事だと私は思います。どうしてかというと、今、自分の子供がどんな状況であるか会
話で分かるでしょう。会話の中で自分の子供のことが全部わかっちゃうんですよね~
コミニュケーションは大切なことなんです。わかりますか!!
自分の子供のことを把握いない親はやっぱりだめなんですよね。もっと子供に関心をもとう!!

(2)親は子供の言いなりになってはいけない。親が「こうだ」と思ったらそれを最後まで貫こう。
これはとても大事なことです。(以外にだめだとわかっていても許してしまう親は多いです。)

「ちょっといい話」

学校で運動会のリレー選手を決めることになったが、ある子供がリレーの選手になりたくなくてわざ
と遅く走ったそうだ。なぜかというとリレー選手に選ばれたらたくさん練習しなければいけないからだとか親はものすごくおこってこう言ったそうだ・・・
「なんでいっしょうけんめい走らない!!いっしょうけんめいやって結果がだめだったらしかたない
がうそで走ったなら気持ちがすっきりしないだろう!!いっしょうけんめい走りなさい」と親は言った。
それからその子供は何事に対してもいっしょうけんめい頑張ったそうだ。
それは日常でも同じなことが起こる場合もある。何かを取り組むときやはり、何事に対してもいっしょうけんめいやっている子供はやっていない子供より将来きっと成功すると思う。
そういう気持ちの姿勢が大事なんです。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント