スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃん、乳児の入浴のやり方

「赤ちゃん、乳児の入浴のさせ方」

★以外に知っているようで知らないことが多いのが赤ちゃん、乳児の入浴のやり方です。

”赤ちゃんや乳児はおふろが大好き”
        ”小さい子供は汗をかきやすいので入浴は毎日入りましょう”

(1)二ヶ月すぎたら大人といっしょに入浴させてもよい。大人がすべらないようにスノコなどをひいたりバスマットを使用する。

(2)入る前におふろ場を暖めておく。お湯の温度は大人が入ってぬるめ程度ぐらいにして入る。

(4)赤ちゃんは首から胸にかけてゆっくりとお湯をかける。

(5)赤ちゃんは湯船に入ったら大人の膝の上に赤ちゃんをのせ、片手で頭を支え、もう片方の手で赤ちゃんの手をつかむと不安がらないです。
乳児もまた、大人の膝の上にのせて入る。(これは愛情たっぷりかな・・・)

(6)首がすわらない赤ちゃんは横抱きにして洗い、首がすわったらたて抱きで洗う。

(7)髪の毛はおっぱいを与えるときの抱き方をして洗うと洗いやすい。

(8)湯船につかるのは5~8分間ぐらいがよい。

 全体でも入浴時間は15分以内で入るようにして下さい。

「アトピー皮膚炎の子供の入浴」

(1)湯温は38度より低くしてぬるめにすると刺激がすくなくてすみます。

(2)アトピー専用の石鹸で泡だてて洗う。あまろゴシゴシ洗わない。

(3)入浴時間は長く入らないようにする。だいたい10分くらいに入るようにする。
暖めすぎに注意が必要である。

(4)湯上りはすばやく拭いて体のほてりがおさまったら着替えるようにする。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。