頭の良くなる子供に育てるには?

稲「頭の良い子供に育てるには?」

★ユーモアな子供は、頭の回転が良い=なぜなら人を笑わせるのは相手がおもしろくないといけないのでいろんなことを考えて言葉を考える。「どうしたら相手が面白くなるか?」

子供の「発想とひらめき」みたいなものが重視される。「発想とひらめき」は現代の社会ではなくてはならないものである。

大人になって働くようになると「発想とひらめき」が出来ると出来ないとではかなりの差がつくであろうと私は思う。


稲「どうしたら「発想とひらめき」が身につくか?」

(1)まず本をたくさん読むことである。小説や漫画、雑誌など何の本でも良い。

いろんな視点で物事を考えてみてはどうか・・・・・物事はその型にはまらない柔軟性が必要である。

そういった発想が新しいことを作り出すのであろう。本をたくさん読むことによって読解力や相手の考え方、気持ちなどもわかるようになる。・・・・・知識を得るためにはたくさんの本を読むことが大事である。

(2)次に遊びを通して「発想とひらめき」を・・・・・たくさん遊ぶ子供ほど「発想とひらめき」が多いのでは?

遊びもいろんな遊びがあるが最近の子供は、いろんな角度から遊びを考えたり発想の転換が実にすばらしと私は思う。

物事を違う方向で考えてくれるのでとても面白い!!(このユニークさが必要である)


★未来の子供たちに「発想とひらめき」を私は期待したい!!^^

*次回も「頭が良い子供に育てるには?」の第二段をお楽しみして下さいね!!

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント