赤ちやんはなるべく母乳で育てよう

授乳のすすめ方

ローズ1)誕生~二週目の子供
幼児は1日のほとんどは、眠っていて目をさましてはミルクを飲み、飲んでは寝るを繰り
返します。幼児の飲みたがる時に、飲みたがるだけ与えましょう。

(アドバイス)
初めのうちは、母乳がなかなか出ないかもしれませんが、子供に吸わせているうちに出るようになります。頑張りましょうね子供の健康のために!

ローズ2)三週目~一か月の子供
幼児の授乳リズムも3時間おきに安定し、母乳の出方も安定してきます。また赤チャンの1日に飲む量も増えてきます。

(アドバイス)
子供の体重が順調に増えていれば3時間おきでなくても大丈夫。子供の体重の増え方が悪い時は、医師に相談をしましょう。

ローズ3)一か月~三か月の子供
夜中にぐっすり眠る子供もいます。授乳間隔が3~4時間おきになります。この時期から子供の果汁や野菜スープを与えはじめましょう。

(アドバイス)
幼児の母乳が不足気味の時は、夜寝る時に、ミルクを補う方法があります。たいへんだった幼児への夜間の授乳が必要なくなります。

ローズ4)三か月~五か月の子供
この時期から子供は4時間おきのリズムができてきます。子供にミルク以外の果汁や野菜スープにもなどの味にも慣らしておきましょう。

(アドバイス)
子供に昼間は、外に散歩に連れて行き十分相手をして疲れさせ、夜と昼間の区別をしっかりつけさせましょう。

ローズ5)五か月~七か月の子供
幼児への授乳回数は、一日5回になり、離乳食は、一日1回から2回になります。幼児は離乳食の後もほしがるだけ飲ませます。

(アドバイス)
この時期からは、子供の栄養は少しずつ離乳食が主流になっていきます。離乳食がうまくいかなくてもあせらずに頑張りましょう。

ローズ6)七か月~九か月の子供
離乳食は一日2回になります。子供の離乳食の量が増えてお乳の量はかなり減ってきます。

(アドバイス)
お乳だけでは、栄養が不足します。だからといってあせらないで下さい。離乳食のあとも、幼児にお乳を飲みたいだけ与えて下さい。

ローズ7)九か月~十二か月の子供
離乳食は、一日3回になります。離乳食の後は、子供にミルクか牛乳などを与え、少しずつ断乳の準備をしていきましょう。

(アドバイス)
子供への断乳は無理なく、あせらずにやるようにして下さい。1年2か月までを目標に頑張って健康な子育に奮闘しましょう。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント