スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故・ケガ(咬まれ傷について)

咬まれ傷

あいす(心配ない場合)

子供は動物が大好きなので、犬や猫、小鳥などのペットを見るとすぐに近づきたがります。よく訓練されていてて、大人には咬みつかないペットでも、乳児のように小さくて弱い者には攻撃的になるのが動物です。
そのため小さな子供が咬まれる事故が以外に多いのです。
動物の口の中には細菌がいっぱいです。事故防止のためには近づかせないように子育て中のお母さんは注意が必要です。
犬では、狂犬病、猫では、猫ひっかき病が心配ですが、予防接種をすませている飼犬や、飼猫に軽くひっかかれた場合は、まず心配ありません。傷口を消毒して、一応、小児科で受診して下さい。

あいす(咬まれ傷の手当て)

1)水道水で咬まれた所をきれいに洗ってから、消毒液をつける。
2)軽い傷でもその日のうちに乳児を外科か小児科へ連れて行く。
3)犬に咬まれたら,飼い主に狂犬病の予防注射を受けたかどうか確かめる。
4)小鳥に咬まれた場合も処置をして受診をして下さい。
5)ノラ犬、ノラ猫に咬まれたら、応急処置をしてすぐに病院へ行く。

あいす(咬まれ傷をつくらないために)

1)子供を犬や猫に近づけない。必ず大人が近くにいて、乳児の手や指を出さないようにする。

2)自宅のペットでも、大人がそばについていて、子育て中のお母さんは目を離さない。

3)鳥かごは目の届かない場所に置く。

4)草むらや雑木林などに入らせない(へびや昆虫などに咬まれる危険がある)。

あいす(咬まれ傷の症状)

1)ノラ犬やノラ猫に咬まれた。
2)出血はひどくなくても、ひっかき傷、咬まれ傷が深い。
3)ノラ犬に咬まれてから1~3ヵ月後になって吐き気やきげんが悪く、だるそうにしている。
4)猫にひっかかれて10~20日くらいして、脇の下やもものつけ根のリンパ線がはれてきた

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。