スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気編・脳、神経の病気

トマト(熱性けいれん)

熱性けいれんは、熱が高いときひきつけをおこす病気です。小さい子供供に多く(特に1~2歳のころに多い)年齢とともに少なくなります。

トマト(症状)
子供の熱が上がり最初に全身をつっぱり、意識を失くして目がつり上がって、けいれんをおこします。そして、けいれんの間隔がしだいに長くなり、普通は数分でけいれんは止まります。
子育てをしているお母さんは子供を注意しながら見てましょう。
けいれんが落ち着いたらたら医師の診察を受けて下さい。

トマト?(原因)
はっきりとしたことはわかりませんが、熱の原因としては扁桃炎や咽頭炎などが多く、また、体質的なものもあります。
麻疹や突発性発疹の熱でもたびたび、けいれんをおこすことがあるので、けいれんが落ち着いたら医師の診察を受けて下さい。

トマト(治療)
安全な場所に移し、ボタンをはずしたり、衣服を楽にして誤飲の危険があるものは取り除きます。しばらくけいれんの様子を観察し、けいれんがおさまるのを待ちます。吐いたりしたとき、吐物を飲みこまないように、首を横に向けてあげます。
熱の上がりかけに多いので、熱性けいれんをおこした子は熱が出そうになったとき、早めに解熱の座薬を使うのもよいでしょう。熱の上がりかけに冷やすとかえってひきつけますから子育て中のお母さんは注意をして下さい。

トマト(熱性けいれんのケア)

1)ボタンやベルトをゆるめ、衣服を楽にする。
2)誤飲の心配があるものは取り除く。
3)吐くときは、吐物を飲みこまないように首を横に向ける。
4)けいれんのよすを観察する。
5)熱を下げる。
(座薬を使ったり、首や脇の下を、冷たいタオルや氷の入ったビニール
袋をタオルでおおったもので冷やす方法もあります。)
6)医師の診察を受ける。
(けいれんが落ち着いてから医者に行く。
詳しくけいれんの様子を話す)

トマト(髄膜炎)

脳を包んで保護している髄膜が炎症をおこすもので、細菌やウイルスなどの感染でおこります。

トマト(症状)
突然おこります。発熱とともに頭痛、吐き気、嘔吐がおこります。けいれんをおこしたり意識がなくなることもあります。また、光をまぶしかったり、首の後ろが固くなるという特徴的な症状があります。

トマト(原因)
細菌やウイルスなどの感染でおこります。おもなものは、化膿(細菌)性髄膜炎と無菌(ウイルス)性髄膜炎です。また、肺炎、」中耳炎などの合併症としておこることがあります。

トマト(治療)
病院に入院してそれに適した治療を行います。髄液を取って検査すると細菌性の場合、髄液は膿でにごりその中に病原菌が見つかります。
ウイルス性では、軽いものは症状は数日でなくなりますが、髄液の異常は、2~3週間続きますので、かかってしまったら早く治すことが大事です。子育てをしているお母さんは頑張って治すようにして下さい。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。