BCGについて

BCG


結核を予防する接種で、3ヶ月検診までに保健所から勘奨の通知がくるか、公報で告示されます。方法は生ワクチンを腕に接種する。

ローズ 接種時期
生後3ヶ月~12ヶ月までが一番よい時期ですが遅くても4才までに1回は接種を受けて下さい。結核は小さい赤ちゃんがかかると重症になりやすいので予防接種を受けて免疫をつくっておくことが大事です。

ローズ 予防接種の受け方
ツベルクリン注射をして反応を調べ、陰性ならば2週間以内にBCGを接種します。接種後1ヶ月たっても注射のあとが何もなければ、免疫がつかなかったとして、もう一度ツベルクリン注射をして反応を調べ、再度BCG接種を受けて下さい。再接種は初めに受けた日から2~3ヶ月後に行います。

ローズ 接種前後の注意
1)アトピーの子供は軽症の時に受ける。けがや虫刺され、湿疹など接種する部分の近くにある場合はさける。
2)接種して1ヶ月頃、スタンプのあとに小さなしこりや膿ほうができるがひっかいたりしない。
3)ジクジクしたりかさぶたになったりするが、1~2ヶ月できれいになる。
4)入浴時は腕を湯につけないで、石鹸も使わない。ジクジクした時は入浴、衣類のケアをまめにする。

ローズ 接種を受けられない子供
虫刺され、けが、やけど、ひどい湿疹、発熱のある子供は受けられない。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント