スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳と鼻の病気

ローズ(急性中耳炎)

子供が風邪で発熱し、激しく泣いて、ふだんと様子が違う場合は急性中耳炎を疑ってみる必要があります。

ローズ(症状)
耳のあたりを押すと子供は痛がってないたりします。
耳の痛み、発熱のほか食欲不振、嘔吐、下痢をおこすこともありますが、乳幼児の場合はふきげんになる程度ぐらいで症状が出なく膿が出て初めて中耳炎とわかることがあります。

ローズ(原因)
鼓膜の奥の中耳炎の粘膜に炎症をおこす病気です。風邪を引いたあとにおこり、のどや鼻から、耳管を通って中耳炎に細菌感染をおこし発病します。

ローズ(治療)炎症が軽く膿もたまっていないうちなら抗生物質でなおりますが、膿がある場合は鼓膜を切開して膿を出します。子育て中のお母さんは、医師の指示に従い、治るまでは入浴はひかえ、子供の鼻を強くかまないようにして下さい。

ローズ(難聴)

言葉が聞こえにくい状態を難聴といいます。両耳に難聴があると、子供は言葉を理解したり、話すことができません。

ローズ(症状)
軽い難聴は、遠くから呼んでも聞こえなかったり、動作のテンポが他の子供より遅れる、といったことで初めて気づくことが少なくありません。

ローズ(原因)先天性のもの、生まれたときの酸素不足、重症の新生児黄疸、中耳炎、薬物による(ストレプトマイシンなど)による副作用、頭部外傷によるものが考えられます。子育てをしているお母さんは子供の様子を気を付けて見る必要があります。

ローズ(治療)
家族の方はできるだけ早期に発見して、残っている聴力を利用して補聴器を使い訓練を始めることです。お母さんは、子供が
おかしいと思ったら早く専門医の診察を受けましょう。

ローズ(蓄膿症)

蓄膿症は、細菌やウイルスの感染が副鼻腔に及んで炎症をおこし、多量の分泌物(鼻汁、膿)を出す病気で、専門的には副鼻腔炎といいます。

ローズ(症状)
せき、くしゃみのほか鼻汁がでます。症状が進むと水のような鼻汁は粘液性となり膿状になり、痰が絡んだようなせきをします。幼児は鼻詰まりのためふきげんになり頭が重くなって記憶力が落ちたり根気がなくなったりします。子育て中のお母さんは注意をする必要があります。

ローズ(原因)
風邪ウイルスの感染が副鼻腔にまで広がっておこります。

ローズ(治療)
風邪の治療とともに鼻づまりに対して粘膜のはれをとる局所治療や抗生物質を噴霧して副鼻腔の炎症を治す治療をします。子育てをしているお母さんは子供が慢性の場合は、気長に通院し、治療を続けて下さい。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。