小児救急認定看護師

小児科医の不足(平成15年度小児科医は医師全体の7.7%)、家庭における育児能力の低下、地域における小児救急医療体制の基盤の弱さなどさまざまな要因から救急医療に関する専門看護婦の必要性が出てきています。

小児科は少子化により医療の必要量は低下傾向であるものの、核家族化の進行や共稼ぎ家庭の増加等にも起因して、休日や夜間の救急受診が増加し、さらに専門医志向も伴い小児救急医療を実施する特定の病院への患者の集中など患者の受診行動が変化しています。

小児初期救急における救急患者の大部分は一次救急の軽症例ですが、この中から重症例を見逃さず、症状の緊急性を判断し診察の優先順位を見極める高度な知識と判断できる看護師が不可欠となります。

日本看護協会の小児救急看護認定看護師の養成の主な対象は、救急看護や小児看護の経験のある30~40代の第一線で働く看護師で、1年間東京都清瀬市の看護研修学校で学びます。費用は実習費を含めて75万円程度で、内容は小児救急現場での看護技術、電話相談や家族への対応方法のほか、虐待を受けている子供への対応、子供が健全に育つ環境づくりへの支援方法などです。

これからこのような教育を受けた小児救急認定看護師が、小児救急医療の中で大きな役割を担うのは間違いなく活躍が期待されています。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント