スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育ての基本は愛情を持って

ローズ(あいさつはしつけの始まり)

小さい時からあいさつをする子供は大人になっても必ずといってあいさつをするでしょう。
あいさつをする時期は、だいたい2~3歳位から始めた方がいいですね。その時点ではまだ、子供はあいさつをしませんが親は子供がしなくてもぜったいに「おはよう」「こんにちは」「さようなら」など必ずやって下さい。
そのうち子供は、自然にあいさつができるようになるでしょう。
子供は親を見て覚え育つのです。変なことは教えられません。
だから親はしっかりしないといけないのです。
子育ての基本しつけはあいさつからです。子育てをしているお母さんは頑張って始めましょう。

ローズ(抱っことおんぶはできるだけやって)

最近の親はあまり抱っことおんぶはしない人が多いようです。
なぜだろう?と考えたのですが「重い」とか、「もう大きくなったのでいいんじゃないか」とか、そんなことが理由だと私は思います。
子供は言葉を言わなくても抱きしめるだけで心と心が通じ合うものがあると私は思います。
たとえば子供をしっかったあと「ごめんね」を言わなくても抱きしめるだけで許しあえることができるなんて「なんてすばらしいことでしょう!」子育てをしているお母さんどんどん抱きしめてあげましょう。
子供を甘やかしてしまうんじゃないかと思うかもしれませんがそんなことはないです。
子育ての基本はつねに愛情をもって接していきましょう。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。