FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てに大事な愛情表現とは

子育てに大事な愛情表現とはどんなこと?

家族のコミュニケーションは動物との絆が大事である。と最近思うようになりました。

なぜなら一言でいうと動物は「可愛い!」いつも愛らしい(^_-)-☆顔をしておりとっても癒されるからである。

特に犬や猫は飼いやすく身近な存在にいつもいますのでもし飼うのであれば犬か猫がいいでしょう。

たとえ何か嫌なことが起こっても動物とのコミュニケーションがあなたを前向きにしてくれたり、または気持ちを和ませてくれたりとやる気力を与えてくれます。

ぜひ、動物とのふれあいを大切にしてくださいね!!
子育ては環境も大事なんですがそれと同様に優しい気持ちを芽生えさせるのも子育てにはとても重要です。

それには近くに動物がいることで素直で優しい気持ちにしてくれるからです。
親子で生まれたばかりの犬や猫を育ててみませんか?

最初は犬や猫を育てるのにはわからないことばかりですが慣れてくると楽しいものです。

犬や猫の散歩、食事を与える、お風呂に入れる、毛をブラッシングする、一緒に遊ぶ、どれをとってもやりがいがあり楽しいことばかりです。

例をあげてみましょう!


犬を飼うことになりました。最初はペットを購入したところから必要な物を買います。(ペット屋さん)

そしてここから大事ですがペットが来たらまずやらなくてはいけないことは8種混合のワクチンを接種しましょう。

母親から胎盤を通してまたは初乳を飲むことで子供に免疫が移行されます。
このことを「移行抗体」といいます。

抗体とはウィルスや細菌などにくっついて病原性を失わせる働きを持つタンパク質のことですが犬には移行抗体の95%以上を初乳からもらうのです。

しかしながら多くの子犬はその「移行抗体」も8週~12週齢には弱くなってしまうため自分の力で抗体を作り出さなくてはならなくなります。

そのため一度自分の力で抗体を作るためにその病気にかかる必要があります。
抗体を作るためにはワクチンが必要なのです。

ワクチンとは病気が発現しないほどに毒性を弱めた病原体やあるいは死滅させた病原体やその一部を含んでおりそれをわざと犬の体に入れることによって病気への抗体を作らせます。

ようするに病原体に感染しなくてもその病原体に対する免疫をつけます。

万が一感染してもすでに体の中に病原体が入っているので病気にかかりにくく症状を軽くします。

他にもフィラリア症にかからないためにもフィラリア予防のお薬を飲ませなくていけません。

フィラリアのお薬はいつ飲ませたらいいのですか?

フィラリア予防の期間は通常5月~11月までですが日本の地域によっては3月~10月4月~11月投与しなくていけないところもあります。

フィラリアの薬は1ヶ月1回、1錠を投与します。
1回でも投与しないでいると次の年は大変なことになります。

次の年ではフィラリアの薬を投与する前にフィラリア症にかかっているかいないかの検査をしてそれから投与するようにしましょう。

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

最新の記事
スポンサードリンク
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

子育て検索

リンク
最近のコメント
RSSフィード
お願いします

お役に立ちましたら↓をクリックで清き一票を↓
FC2 Blog Ranking

Yahooニュース
ぴょきカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。