アトピー性皮膚炎

ローズアトピー性皮膚炎

早い子供では、生後間もなく、一般的には3~6ヵ月の乳児に多く出ます。

(症状)

子供の顔や額、頭、首、ひじやひざの後ろなどに湿疹が出ます。
子供によっては、湿疹はジクジクしてたり、乾いてカサカサしてたり、赤いポツポツだったりと一様ではありません。
湿疹が異常に長引くのが特徴です。

(原因)

子供のアトピー体質とは、アレルギー性の病気をおこしやすい体質のことで、遺伝によるものが多くあります。

(治療)

この湿疹にはステロイド剤入り軟膏が子供にはよく効きます。
長くつけていると副作用の問題もあり、湿疹の状態によって、つける薬も違ってきますので、子育てをしているお母さんは必ず医師の指示を受けて下さい。
子供は、清潔が大事ですから、入浴時に刺激の少ない石鹸でよく洗うことが大事です。
また、卵、牛乳、大豆などの食物が原因で悪化する子供もいるので、原因となる食品がわかったら注意をして食品を遠ざける努力をして下さい。
にダニ、カビ、衣類、洗剤などいろいろなものが関係しておこる場合もあるので子育てをしているお母さんは、部屋の掃除など生活全般に目を向けるようにしましょう。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント