スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年中行事・正月行事のことわざ

年中行事・しきたりマナー

◆正月行事のことわざ

☆「門松の一夜飾りはいけない」
12月31日ぎりぎりになって、門松を飾ってはいけないということです。
正月は年神様がやってきて、その年の幸運を授けてくれる大切なときなので、準備をしなければいけないという戒
めです。日本人がいかに正月を重要なけじめのときと考えていたかわかります。

☆門松は冥途の旅の一里塚、めでたくもあり、めでたくもなし一休禅師の有名な言葉です。
門松は正月の象徴であって、正月を迎えるこということは、めでたいことだが、それだけ歳を重ね、死に近づくと
いうことで、複雑な心境がうかがえる言葉です。

☆書初めの燃えさしが高く上がるほど、字が上手になる。
正月2日に書いた書き初めを、小正月に持ち寄って焼く行事があり、そのときに燃えさしが高く舞い上がるほど、
「手が上がる」つまり「上手になる」といって喜んだということです。

☆どんど焼きで焼いた餅を食べると丈夫になる
左義長と呼ばれる行事が原型で、焼いたときの煙に乗って、年神様が天に帰っていくと信じられ、この火で焼いた餅を食べると、1年間病気にならないといわれました。

☆門松について
正月になると、玄関前や門前に「門松」を立てている家が多くみられます。
門前に左右一対に並べるのが一般的で、玄関に向かって左側の門松を雄松(おまつ)、右側を雌松(めまつ)と呼びます。
もともと新年を迎える際に、年神様が降りてくるときの目印として木を立てたのが始まりといわれています。
門松を立てておく期間は、一般的に7日までの松の内の間ですが、地域によって5日、10日、15日とまちまちです。
門松は、12月28日ごろ立てるのがよく、29日立てるのは苦立てといい、31日に立てるのは一夜飾りといっていずれも嫌います。

☆しめ飾りについて
正月近くなると、玄関口や家の神棚などにしめ飾りをします。
門松同様に正月に年神様を迎える準備です。
もともと神社がしめ縄を張りめぐらせるのと同じ理由で、自分の家が年神様を迎えるにふさわしい神聖な場所であることを示すために、家の中にしめ縄をはったのが始まりといわれています。
かつては、年男と呼ばれる家長が、しめ縄を家の中に張る役目を担いましたが、そのしめ縄も簡略化され、しめ飾りや輪飾りになっていきました。
しめ飾りは、しめ縄にウラジロ、ユズリハ、ダイダイをあしらって作ります。
ウラジロは、常緑の葉であることから長寿を、ユズリハは新しい葉が出てきて初めて古い葉が落ちることから、次世代に家系を譲って絶やさぬという願いを込めています。
ダイダイは家が代々栄えるといったことから、縁起物として正月の飾りに使われるようになりました。

☆鏡餅について
大小2つ重ねられた鏡餅は、半紙を敷いた三宝に乗せ、ダイダイ、ユズリハ、昆布などを添えるのが一般的です。
ダイダイは家が代々栄えるといったことから、ユズリハは新しい葉が出てきて初めて古い葉が落ちることから、次

世代に家系を譲って絶やさぬという願いを込めています。昆布は、子孫繁栄の願いが込められています。
鏡餅用に、年末になると多くの家で餅つきをしましたが、29日につくのは苦餅、31日につくのは一夜餅といってこの日につくのは嫌いました。
正月中は1月11日の鏡開きまで、家の床の間などに大きな鏡餅を飾り、各部屋に小さな鏡餅を飾るのが一般的です。

◆お正月は家族で門松、しめ飾り、鏡餅など本来、古くからやっている行事をやってみてはどうでしょうか??
子供に引き継がれてまたその子供が引き継ぐ門松、しめ飾り、鏡餅についてお話をしてみましょう。
今の若い人たちは古くからのことわざをぜんぜん知りません。
親が子供に話すのもいいかもしれませんね。
昔からの「正月のことわざを」覚えましょう。
子育て中のお母さんは子供といっしょにお話しながらやってみましょう!!

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。