子供の皮膚カンジダ症

ローズ皮膚カンジダ症

子供のおむつかぶれが治らないときはカンジタ症なので子育て中に気が付いたら皮膚科にみてもらって下さい。

(症状)

子供の皮膚カンジダ症は初めはおむつかぶれと似た症状ですが、乳児のかぶれたところどころに膿を持ったブツブツ状ものができ、どんどん外側に広がっていきます。

(原因)

かんじダ菌というカビの一種が感染しておこる炎症です。
この菌は、汗と湿気が好きで、アンモニアの刺激で弱くなっている皮膚では繁殖しやすいのです。
子供の皮膚はデリケートなので子育てをしているお母さんは気をつけましょう。

(治療)

皮膚科にみてもらって下さい。
乳児に注意をしたいのは、おむつかぶれに有効な薬が、このカンジダ症には逆効果になります。かえってカビを繁殖させてしまいます。
乳児には、市販の薬は使わないで診察を受け、適切な薬を使うようにしましょう。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

コメント一覧

コメントの投稿

非公開コメント