スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年中行事しきたりマナー・節分・招き猫

年中行事のしきたりマナー

■節分とは
2月3日の節分には、豆まきをします。
神社やお寺でも、その年の干支生まれの年男たちが、集まった人たちを前にして豆まきをしたりします。
もともと節分とは、立春、立夏、立秋、立冬など、季節の改まる前日のことを呼びました。

しかし、今ではしだいに立春の前日だけを節分と指すようになりました。
この立春を境にして、暦の上では翌日から春になるようです。

平安時代に柊の枝にイワシの頭を刺して家の門にかかげるというしきたりがありました。節分特有の飾りも広まっていったようです。
柊は毒草でトゲがあり、またイワシは生臭物であったため、魔除けの効果があると信じられたそうだ。

豆まきの行事が定着したのは室町時代中期以降のことです。
江戸時代になると、現在のような豆まき行事が一般庶民の間にも広まりました。
本来は大晦日の行事やるようですが旧暦では新年が春から始まるため、立春前日の節分の行事に変わっていったということです。

「福は内、鬼は外」と大声で豆をまくのは、季節の変わりは、鬼などの妖怪や悪霊が集まり、疫病や災いをもたらすと考えられていたためです。
豆をまくことによって自分の家から鬼を打ち払おうとしたのです。
煎った豆は福豆と呼ばれ、その豆をまき、自分の年齢の数だけ食べることで、邪気を追い払い、病に勝つ力がつくと考えられたそうだ。だから今でもその風習が続き、豆をと年の数だけ食べなさいというのですね!!

■招き猫
商売繁盛の置物として、招き猫が金運やお客を呼び込むと考えられています。
招き猫の由来には諸説があります。

☆浅草で駄菓子屋を営んでいた老婆が、あまりに流行らないので店を閉めようかと考えていたある夜のことである。
年老いた猫が夢に現われて、「こうした格好の置物を作ったら店は繁盛する」と告げ、夢とは思いながらも招き猫を作らせて店に置いたら、飛ぶように売れて大儲けをしたという伝説もあります。
そこから、商売繁盛の縁起物になったということです。
中国の唐から猫が渡来した際、「猫面を洗って耳を過ぎれば即ち客到る」との言葉も一緒に伝来したとのことも、招き伝説のルーツがありそうです。
ちなみに一般的には、右手をあげている猫は、金運を、左手をあげている猫はお客を呼び込むといわれているのを覚えておいて下さい。
福運招くといいます。皆さんも福運を招いて下さい。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。