贈答のしきたり・マナー

年中行事 ☆贈答のしきたり・マナー

☆☆☆あなたは年中行事のしきたりマナーを知っていますか?
知っているようで案外知らないことが多いかもしれません!!
そんなあなたのためにしきたりマナーを教えましょう・・・・・☆☆☆

贈答品の包装現在、贈答品を贈る場合、たいていデパートや商店などで求め、包装から何からお店で行ってくれることがほとんどですが、贈答品の包装のし方としては、慶事と弔事のときで使い分けるのが正式です。
まず、包み紙の数は、婚礼などの慶事のときは包み紙を2枚重ねて包みます。
弔事のときは不幸が重ならないようにと、包み紙は1枚にします。
包み方は、慶事のときは、品物を包み紙の上に置いて、左から折り、次に右を折って、左の上にかぶせて包みます。
弔事のときは、慶事とは逆の折り方で包みます。
弔事は、非日常的な出来事であり、それを示すため、通常とは逆の包み方をします。
これは、現金を包むときも同じで、慶事のときは2枚重ねて包み、弔事のときは1枚にします。

贈答品の表書き慶弔のときは、祝儀袋・不祝儀袋に現金を入れて贈ることが多くなっていますが、その際に贈る側の意図が分かるような表書きをするのが一般的だといいます
いずれも品物の代わりに持参しましたという意味が込められているようです。
例をあげますと・・・・・
たとえば慶事のときは「御祝」☆「寿」☆「酒肴料」などと書きます。
謝礼を差し上げるときは☆「薄謝」☆「御礼」などと書きます。
ちなみに、目下の者に謝礼を差し出すときは「寸志」です。

☆弔事のときは相手が信仰する宗教によって異なります。

☆仏教では「御霊前」☆「御仏前」☆「御香典」☆「御香料」とし、神道では「御神前」☆「御神饌料」☆「御玉串料」、キリスト教では「御花料」などと表書きをします。
葬儀などで相手の宗教がわからないときは、御霊前としておくのが無難です。
どうでしょうか
なお、表書きを毛筆でする場合、慶事のときは墨を濃くして書き、弔事のときは墨を薄くして書くという習わしがあります。
とくに弔事に薄墨を使うのは、慶事や日常的な場合を濃く、力強く書くのに対して、逆に薄く書くことで、悲しみを示すためといいます。
このときは、表下記だけでなく会葬御礼の封筒や葉書の黒枠なども薄墨のものにするといいます。
覚えているといいかもしれませんよ!!

☆手紙を書こう!!手紙のマナー☆しきたり
暑中見舞いについて
もともと書中見舞いはお盆の贈答の習慣が略化されたものです。
かつてお盆に里帰りする際に、祖先の霊に供えるため物品を持参する風習がありました。
それが、しだいにお世話になった人全般への贈答の習慣になっていきました。
本来は直接訪問して届けるのが一般的でした。
やがて簡略化され、手紙で済ませるようになりました。
現在の暑中見舞いの形です。

暑中見舞いは、24節気の子夏(7月7日ごろ)から立秋(8月8日ごろ)にかけて贈るのが通例です。
立秋を過ぎたら残暑見舞いとします。
ちなみに、お盆の贈答の習慣は、お中元へと受け継がれていきました。
子育てをしているお母さんも親子で暑中見舞いの手作りはがきを書いてみましょう!!
可愛くできていいかも・・・・
楽しみながらやってくださいね。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児