スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしい、楽しい年中行事

「うれしい、楽しい年中行事とは・・・1月」

☆正月、元旦のしきたり
正月と元旦の由来やしきたりについて紹介しています。
以外に正月のしきたりについては知らない方が多いようです。ぜひ、ご参考にしてください。

正月とは?正月とは一年のはじまりで、神道では、その年の新しい神様が家にくると考えられています。
五穀豊穣と安全を祈ります。
正月という言葉は、中国から伝わった言葉で旧暦の1月(太陰暦)の別称です。
現在は、新暦の1月を正月(太陽暦)と呼びます。
1月のことを睦月といいますが、睦月は親睦を深める月という意味があります。

☆元旦とは?元旦は一番初めの一番最初という意味があります。つまり、一年の中で、正月一日だけを指す言葉です。
初詣と年始回り新年初めの初詣や年始の挨拶回りについては次のことです。

☆初詣(はつもうで)とは?初詣とは新年で初めて神社仏閣におまいりすることをいいます。
昔は一家の主が身を清めて家族の無病息災を祈る風習がありました。初詣はその名残ともいわれています。
本来は、その年の恵方(えほう)にある神様にお参りするものです。
しかし、現在は近くの神社やお寺にお参りするのが一般的です。

☆年始回りとは?仕事のつきあいのある方への年始の挨拶は業界の慣例にしたがいます。年始の挨拶は松の内(7日)までに済ませるものとされています。元旦は家族でのんびり過ごされる方が多いため避けるのがマナーです。
時間帯は10~4時程度に訪問するとよいでしょう。
訪問先では家にあがらず、玄関先で挨拶をすませます。

☆七草がゆのしきたり七草がゆの風習について紹介しています。七草粥は病気の予防や邪気をはらう言い伝えがあります。

☆七草がゆとは?七草がゆは、1月7日の朝に、七草を入れて炊いた「七草がゆ」を食べると健康になり、邪気をはらうと言い伝えられています。七草とは「春の七草」を現在はさしています。
昔は「七種」をななくさと読んでいたため、今とは漢字が異なります。

☆春の七草
・せり
・なずな(ぺんぺんぐさ)
・ごぎょう(ははこぐさ)
・はこべら(はこべ)
・ほとけのざ(たびらこ)
・すずな(かぶ)
・すずしろ(だいこん)
などがあります。
☆一月七日
1月7日は人日(じんじつ)の節句といって、新年を七草粥でお祝いする日です。

★お正月は家族団欒のひとときだと私は思います。家族はお互いを確認するのにもっとも大事な日だと思います。
ぜひこの機会に親子の絆を大事にしてくださいね!!
そして必ず、子供と遊ぶことを忘れずにしてあげてください。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。