一年でもっともうれしい年中行事

「一年でもっともうれしい年中行事」
☆クリスマス
クリスマスは、キリスト教徒の国では一般に「イエス・キリスト」の誕生をお祝いする日です。
しかし12月25日に日本では、一般的にバレンタインデーやホワイトデーなどのような楽しいイベントの1つです。。
サンタクロースの伝説はクレメントムーアというアメリカの詩人から生まれたとされています。その詩ではニコラウスという聖者がトナカイに乗り、煙突から入ってプレゼントを子どもたちに配っています。
サンタクロースは聖ニコラウスに由来しています。

クリスマスには英語の塾などや学校などさまざまなところでクリスマスパーティーが開催されています。もちろん家族でクリスマスをやられる人も多いですよね。このときばかりは親子で料理を作ったりして楽しいひとときを過ごします。
親子とゲームや工作をしたりクリスマスの歌を歌ったりして楽しむのもよいでしょう!!
子育て中のお母さん、お父さんもこの時ばかりはハネをのばせますね。
なるべく親子で過ごせるようにしましょう。

☆プレゼントは欧米では2、3個が一般的
日本では、クリスマスは恋人や友達と過ごし、お正月は家族と過ごすことが多いのに対して、欧米では反対にクリスマスは家族で過ごし、お正月は友達や恋人と過ごすことが多いようです。
クリスマスの日、欧米では店を休業して家族でミサへ行くようです。
日本では売上が見込める日なのでほとんどの店が開いているところが日本と欧米の違いではないでしょうか?
また、欧米ではプレゼントを2~3個貰うのが(普通)あたりまえですが、日本の場合はサンタさんから貰えるのは1個が定番ですね。
どうしてかというと一週間後に迫ったお正月に「お年玉」を子供たちにあげるという日本古来の風習があるためサンタさんのふところが痛いためではないかとという話である。

☆酉の市とは
毎年、11月の酉の日に、鷲神社で行われる祭礼を「おとりさま」と呼びます。
この日には神社の境内に市が立つので、酉の市と呼ばれてきました。
武運長久の神としてより、商売繁盛や開運の神として、広く信仰されるようになっていきました。
酉の市では、縁起物は安く買うほど縁起がいいということで、売り手と買い手の間で値段のかけひきが盛んに行われます。商談が成立すると、威勢のよい三本締めが行われます。
酉の市ならではの風習です。
ちなみに、暦の上で11月に酉の日が2回の年と3回の年があります。
昔から言い伝えで「三の酉まである年は火事が多い」といわれます。
これは、ひと月に3回祭礼があるということで、日常生活がゆるまないように、気を引き締める意味あいがあったようです。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児