子供の病気・手足口病

手足口病なんて変な名前の病気に掛かりましたので、早々調べておきました。
皆さんにも情報を共有して頂きたく、下記に詳細を記しておきますね!

手足口病はどんな病気?
冬のかぜの代表がインフルエンザなら、夏のかぜの代表は「手足口病」や「ヘルパンギーナ」です。
夏に流行するかぜは、エンテロウイルスによるものが多く、このなかにはポリオウイルス、コクサッキーウイルス、エコーウイルスなどがあります。
「手足口病」はコクサッキーA群の16型によって起こるウイルス感染症です。
主に生後6ヶ月くらいから5~6歳以下の乳幼児に発症します。
最近は冬にもみられるようになりましたが、たいていは、6月から始まって、夏に流行のピークをむかえます。感染者のせきや唾液などから感染するほか、便からもウイルスが排泄されて口からうつることもあります。潜伏期間は2~7日間くらいです。

主な症状
「手足口病」という名の通り、手のひら、指、足の裏、ひじ、ひざ、口の中などに米粒大の水疱ができます。手足にできた水疱に痛みやかゆみはありませんが、口の中の水疱はつぶれて潰瘍となるため痛みを伴い、よだれが多くなったり、飲んだり食べたりしにくくなることもあります。
水疱は自然にしぼんで、1週間ほどで完治します。熱は出ても37~38度くらいで、1~2日でたいてい下がります。手足口病を引き起こすウイルスは数種類あり、同じシーズン中に違う種類のウイルスが流行ることもあるので、ひと夏に2度、手足口病にかかることもあります。

治療とケア
手足口病は4~5日の病気です。ウイルスそのものに効く薬はないので、特別な治療法ではなく、症状ごとにその症状をやわらげる治療を行い、自然に治るのを待ちます。ただし、口の痛みがあるので、食事は酸味や塩分のあるものを避け、やわらかく刺激の少ないメニューを。
痛みが強い場合は、口腔内用ステロイド薬などを使用し、熱に対しては解熱剤を用いることもあります。また、脱水症状を起こさないよう、水分補給には十分気をつけましょう。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児