スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幼児食のはじまり・・・・・NO2」

puto「幼児食のはじまりNO2」

     「なるべくおかず中心のメニューを・・・」

★一歳すぎの幼時・・・体重一kgにつき二~三gのたんぱく質を必要とします。たんぱく質は肉、魚、卵、大豆などをできるだけ与えるようにします。(エネルギーは大人の3分の1でたんぱく質は半分が必要です。)
栄養のバランスをよく考えて摂るようにしたいですね。

puto「1日に食べる量は?(目安は?)」

(1)野菜と果物は50g位

(2)ご飯はやわらかめにして子供の茶碗に軽く一杯または、食パンを薄切り一枚程度。うどん半玉位です。

(3)卵は1個、魚の切り身は半分位、肉30g~位です。豆腐は4分の1丁で、いずれも各一品づつです


puto★お母さん応援「離乳食と完了期メニュー」
      「ミニハンバーグ」

(1)味つけしていない大人用のハンバーグから適量に使う分だけとる。

(2)湯どうしをして水気のきった豆腐を少々をハンバーグの種に加えて練る。

(3)食べやすい小判型にととのえてサラダ油少々で両面を焼き中まで火を通して下さい。


puto「幼児期の食事のしつけ」

*食べる前に必ず手を洗う。

*食事の時間をきちんと決めること。

*よく噛んで楽しく食べる。

*「いただきます」と「ごちそう様」を忘れないようにする。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

幼児食のはじまりですよ!!

絵文字名を入力してください「食事も薄味にしてやわらかくしたものを・・・
        これからは幼児食のはじまりですね!!」
絵文字名を入力してください

まいごママ「離乳食から幼児食に・・・」

一般に幼児食というのは離乳食を卒業した三歳くらいまでの子供の食事「幼児食」をいいます。
食事の内容を変えるわけではありません。いろいろなものが食べられるようになり、大人の食事を工夫したり噛む練習をしてきましたがその中で少しづつ大人と同じ食品を食べられるようにしていくのがこの幼児期です。幼児期にいろんな食品に慣れておかないと偏食がちになってしまいますので幼児期はとても大事なんです!!

まいごちゃん「離乳食完了の時期は?」

赤ちゃんによって異なりますが、だいたい満一歳前後をいいます。離乳食を開始した時期や発育の個人差もあるのでよく考えながら幼児食へ移りましょう。

(1)口を動かして噛み切ろうとする。
(2)一日三回の離乳食がだいたい食べられる。
(3)やわらかいご飯ぐらいのかたさの食べ物を噛んで飲み込むことができる。
(4)断乳が終わって昼間のミルクはやめているか?

絵文字名を入力してください「やわらかいもの、薄味にしていく」

大人といっしょの食事がおおくなり大人の食品の中から、やわらかい食べ物などえおとり分け与える。何を食べても構いませんが刺激の強いもの、味つけの濃いものには十分気をつけましょう。
繊維の多いものや噛み切りにくいものはその時の様子で与えます。最初は、大人の食事も赤ちゃんに合わせて薄味にしていくようになるでしょう。頑張ってくださいね!!

カーネーション”お母さん応援 ”★完了期の離乳食と幼児食

「ロールサンド」

(1)食パン1枚(12枚切り)は耳をとってマーガリンをぬって3等分にする。

(2)ゆで卵半分はきざんでマヨネーズであえる。ツナ10gときゅうりのみじん切り少々もマヨネーズであえる。

(3)パンに(2)の2種類をそれぞれ乗せ、残りのパンにはトマトの薄切りを乗せてくるくるりと巻き、楊枝でとめる。

幼児食子供にとってとても大事な時期です。その子供発育や食べる量などにもよりますのであせらずにやって下さいね!!

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。