中期の離乳食はたんぱく質を多くとりましょう

スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、[離乳食には良いたんぱく質を授乳量は減っていきます。]

この時期に気をつけなければならないのが離乳食でたんぱく質を多くとるということです。離乳食がすすむと母乳やミルクの量が自然に減っていくので良いたんぱく質を十分とることが大事です。

スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、 「主な食品として・・・」

1)卵
2)豆腐や納豆
3)白身魚
4)鶏肉、レバー
5)チーズ
などがあります。調理法もバラエティにとんだものにしたいですね。いろんなアイデアで種類を多くとりましょう。

スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、「好ききらいが多い時期」

離乳食もこの頃は安定し食べる量も順調になってきます。食べる量も増え、かなりの乳児がたくさん食べるようになってきます。ただ、好き嫌いの食べ物が出てくる時期なので子育てをしているお母さんは大変になるかもしれませんね!
たとえばトマトは好きだけど、にんじんはダメだとか・・・納豆は好きだけどお魚はダメとかいう乳児もいます。
子育て中のお母さんは悩みがつきません。原因は離乳期から幼児期にかけてからの味覚がとぼしいことですね。少し大きくなってからは好き嫌いがはっきりしてくると思います。それを防ぐにはいろんな味に慣れさせることです。

調理法で工夫したり硬さややわらかさを調整してあげることも必要です。

好きなものにまぜて調理してもかまいません。いろんな方法で試してみましょう~!
 
”かたよった食事にならないように心がけたいですね。”

子育てをしているお母さん頑張りましょう~^^

スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、☆おやつの与え方

この時期になると、おやつを食べている乳児も多いと思います。おやつは食事に影響しない程度に与えて下さいね。
1)いつも決まった時間に与えること
2)一日一回~二回で、食事と食事との間を二~三時間以上あけます。
3)あまり甘くないもの、特にたんぱく質が多く入っているもの与える。
例として(ヨーグルト、プリン、パン、さつまいも、パンケーキなど)

”★お母さん応援!中期の離乳食メニュー”

スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、「高野豆腐のそぼろ煮」

1)高野豆腐2分の1枚とひじき少々を水にもどしてみじん切りにする。
2)にんじん10gと小松菜10gも」ゆでておきます。ゆでたら3mm角に切って下さい。
3)1と2をだし汁といっしょに鍋に入れて煮る。砂糖、醤油で味つけする。

★子育て中のお母さん”離乳食頑張って!!”私は応援します!!少しでもお役に立てられたらうれしいです。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

中期の離乳食

ガンダムOO・アレルヤ「中期の離乳食」

ガンダムOO・ティエリア「流動食=>半固形食」

離乳食は、流動食から半固形食へと移っていきます。今まで母乳やミルクに近いものを与えていましたが、これからは、ある程度、形のやわらかさにしていきます。固さの目安としては口に入れたときにちょっと"もぐもぐ"して飲み込める状態です。
また、いろんな種類の食品や調理法に慣れるようにしたいですね!!でも、あせりは禁物です。子供の様子をみながら新しい食品に慣れるように、一回に一種類づつにしていきましょう。けして二種類以上いっしょにやることはやめましょうね。

騎神アリババ「三種の食品=栄養=バランス」

*おかゆ・・・・・完全につぶしてあるおかゆよりも、少し粒のあるあるものを食べたがります。
この時期はお米を六倍して=お湯を加えた六倍がゆが一般的です。分量としては子供茶碗半分(50g)=>七分目程度に増えればOKです。

*パン・・・・・やわらかいものだったらそのまま与えることができます。ジャムやレバーぺストを少し伸ばして細かく切って子供に与えて下さい。トーストなどもミルクや牛乳などでひたしたものを好みます。

*その他うどんやイモ類などいろんな食品をチャレンジして下さい。

*野菜・・・・・柔らかく煮たものをある程度つぶして与えます。一回に三~四さじから始まって」五~六さじぐらいに増えればよいでしょう。細かく切ったものを煮て与えてもいいかもしれません。子育て中のお母さんは少し大変ですが慣れればそう難しくはありませんよ!!楽しみながらやって下さいね(^^)

リナリー”子育てお母さんの離乳食応援メニュー”
「中期の離乳食メニュー」

リナリー短髪(白身魚の卵とじ)
1)大人用の白身魚の煮つけ2分の1切れの皮と骨をとり、細かくほぐす。

2)さやいんげん2~3本を軟らかくゆでて、小さく切る。

3)だし汁2分の1カップに1と2を入れて煮立たせ、溶き卵2分の1個を加えて出来上がり!!


*皆さんも作ってみて下さいね(^^)

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児