スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故・ケガ編の注意点

[小さい子供のまわりには危険がいっぱいいです。ヒヤッとしたり、ドキッとしたりする事故やケガから乳児を守るのは大人の役目。いざというときに気を着けて、症状をチエックして、すばやく手当てをして下さい。症状とケアとすべてをまとめてみました。」

すいかっ(頭を打ったときの症状)心配ない場合

手をついて転ぶことののない赤ちゃんですから、転倒すればほとんどが頭を打っていますが、そのわりには大事に至ることはめったにありません。でも、大切な場所ですから油断は禁物です。子育てをしているお母さんは十分な注意が必要です。
打ったあと大声で泣き、泣きやんだあとミルクやおっぱいなどを与えるときげんがよくなるようなら、かすり傷やこぶができてもまず心配いりません。
また、落ちたところが畳やじゅうたん、クッションで、それほど高くないならば、まずは安心です。
でも、症状があとから出ることもあるので、2~3日は乳児の様子をしっかり見て下さい。

すいかっ(病院で手当てが必要な時)

頭を打ったあとで泣いたり、動いたりしない場合、名前を呼んでも反応がにぶいときは要注意です。吐き気がしたり、吐いたり、顔しかめて泣いたりする場合も急いで病院へ連れて行く。
乳児の顔色が青白い、眠りたがったり、食欲がなくなった時も要注意が必要です。必ず病院で受診して下さい。
その他、耳や鼻から出血した場合や乳児が打ったところがへこんでいたり、体をふるわせて熱が高くなったりしたら救急車で脳外科の病院へ行って下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

赤ちゃんのケガ・事故に気を付けよう

葉っぱいつごろ、どんな危険があるのか?
葉っぱ(0~4ヶ月頃)ねんねの頃

葉っぱ{多いケガ・事故}
窒息(ふかふか布団や添い寝に注意をして下さい)子育て中は乳児を
一人で寝かせないようにし、なるべく仰向けに寝かせる。

葉っぱ{注意したいケガ・事故}
1)赤ちゃんが吐いたおっぱいが気管に詰まったり、タオルや毛布が顔にかかって窒息することもあるので気をつけて下さい。

2)窓から虫やものがとびこんだり、家具の上、壁からものが落ちないように子育て中のお母さんは気を付けるようにする。

3)沐浴のとき赤ちゃんをベビーバスの中に落としておぼれさせないように注意する

4)クーラーの冷えすぎ、暖房の暖めすぎで脱水症にならないようにする。

葉っぱ(4~7ヵ月)寝返り、おすわりの頃

葉っぱ{多いケガ・事故}
転落、転倒(ベットや家具の角に注意をする)

葉っぱ{注意したいケガ・事故}
1)ベットの柵がはずれて転落して頭をうったりする。子育てをしているお母さんはしっかりはずれないように固定する。

2)おすわりで後ろに倒れてケガをする。

3)浴室でおすわりをして倒れ、おぼれる。乳児を絶対に一人にさせない。

4)ポットや香取線香、タバコでやけどをしないようにする。乳児はすぐに手を出すので子育てをしているお母さんは気を付けながら見る。

5)寝返りをしてベランダや廊下から転落をする。絶対に乳児を一人にさせない。

葉っぱ(7~10ヵ月)はいはいの頃

葉っぱ{多いケガ・事故}
誤飲、誤植(タバコ、ボタンなどの小さい物は、口にいれやすいので気を付ける。子育てをしているお母さんは注意を!)

葉っぱ{注意したいケガ・事故
1)ポットやアイロン、コンセントなどに手をふれてやけどしたり感電したりしやすい。注意を!

2)テーブルクロスをひっぱってやけどをしないようにする。

3)玄関、ベランダ、浴室、階段の転落事故などは子育て中におこりやすいので注意する。

4)ドアに手をはさんで指を骨折など、ケガをしないように気を付ける。

5)乳児はすぐに小さい物があると(針やボタン、化粧品、洗剤)誤飲したり、のどに詰まらせたりする事故が多い。

葉っぱ(10~12ヵ月)つかまり立ち、伝い歩きの頃

葉っぱ{多いケガ・事故}
やけど(台所まわりや電気器具に注意)

葉っぱ{注意したいケガ・事故}1)乳児はすぐに触りたがる。ガス台のスイッチをいじって、ガスもれ、やけどの注意

2)コンセントやストーブでやけどと感電をしやすい。気を付ける。

3)乳児のベランダや浴槽、洗濯機に落ちておぼれる。踏み台をおかないようにする。子育てをしているお母さんは目が離せない。

5)ベビーカーで立ち上がったり、床ですべってケガをしないようにする。

葉っぱ(1歳すぎ)あんよの頃

葉っぱ{多いケガ・事故}
戸外の事故(車道へのとび出しや公園の事故に注意)

葉っぱ{注意したいケガ・事故}
1)シャワーをつけて熱い湯をかぶりやけどをする。

2)アイロンや扇風機のスイッチを入れてケガをする。(子供はすぐに手を入れたがるので気を付ける)

3)浴室で転倒して頭を打つ。

4)ひとりで外に出て車にはねられたり、溝にはまって事故(子育て中は目が離せない注意を!)

5)ブランコから落ちてケガをする。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。