スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防接種の正しい受け方

ローズ(風疹)三日ばしか
3~10歳くらいにかかることがおおいのですが、乳児では、はっきりした症状が出ない程度にかかってしまうことがあります。
潜伏期は2~3週間で、発病前後の1週間は感染の可能性があります。
子育てをしているお母さんは気をつけて下さい。
三日ばしかといわれる病気で、子供は軽いはしかのような症状がありますが、重くなることはほとんどありません。
ただ、軽いとはいっても、免疫をもっていないお母さんが妊娠してた場合、子供からうつされると困ります。
先天性の病気を持った子供が生まれる危険があるので、子供に接触して免疫をつくっておきましょう。お母さんも妊娠していないことを確かめた上で予防接種を受けましょう。

ローズ(子供の受ける時期と回数)

1)小学校入学までにすませる。
2)中学生で1回(男女共)
3)大きくなってからかかると、重くなりやすいので早めに受けておくことが大事です。大流行が周期的にやってくるので特に保育園や幼稚園に通っている子供は早めにすませましょう。子育てをしているお母さん!なるべく3歳ごろまでにすませたいですね。

ローズ(接種方法、副反応)

風疹ウイルスの生ワクチンを皮下注射しますが、1回の接種でほぼ、免疫がつくれます。子供に一度免疫がつくと、生涯有効です。副反応は、ほとんどないです。
子育て中のお母さんは安心ですね。

ローズ(接種前後の注意)

3~4年の周期で大流行があるので、兆しがあれば医師に聞いてから受ける。子供が風邪気味、体調が悪い時は見合わせる。受けた当日の入浴はひかえる。

ローズ(受けられない子供)

子供の熱が高いときや、体力が落ちている時はひかえる。体質的に受けられない子供はいないようです。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

成長と発達編NO4

ローズ(子供の力と器用さが加わった手)1歳半~2歳すぎ

重いものを持ち上げたりして子供は、少しの間、鉄棒などにぶら下がることができるようになり、自分の体重を支えるだけの力がついてきたのです。子育てをしながらそんな場面をたびたび見ることができます。
器用さの面では、積み木を何個も重ねて積み上げたり、鉛筆やクレヨンを持って紙になぐり書きをすることができるようになり子供の器用さが備わってきました。

ローズ(視力や聴覚が発達してくる)

1歳児の子供の視力は0.2~0.25くらいで遠くのものがはっきり見えませんが、1歳半の子供になると0.4くらいになり、かなりよく見えるようになります。
子供の成長は早いものだんだんと視力もよくなってきます。
聴力もかなり発達してきて小さな音も聞こえるようになります。
外の大きな物音や、大人が聞き逃してしまうような飛行機や自動車の音がわかります。
時計などの小さな音にも敏感になり、関心を示すようになりました。
子育てをしているお母さんはびっくりです。
ただ音を聞くだけでなく、音を聞き分けるようになったということだす。

ローズ(話せなくても意味がわかるようになる)

子供は話せる単語がたくさん増えてきます。この頃になると「お皿をとって」と言えばもってくるようになり子育て中のお母さんは大喜び!
大人の言うことが理解できるようになってきます。

ローズ(けんかなども盛んにし始める)

自分と同じくらいの子供や、少し年上の子供といっしょうに遊ぶのが楽しくなります。
子供は、遊びのルールなんてまだわかりませんから、おもちゃのとり合いやつきと飛ばしたり、飛ばされたりのトラブルが絶えません。
子育てしているお母さんは大変ですけど、頑張って下さい。
不満や嫉妬心が出てきて、おもちゃを貸さなかったり、お母さんの膝を独占して、自分が甘えたがったりすることが多くなってきます。

ローズ(かんしゃくをおこす)

自我意識が芽生え、要求どりにならないと大声でわめいたりする子供、怒ってものを投げたりする子供、咬みつく子供が出てきます。
自分がやりたいと思うことがわかってもらえなかったり、自分が思うように行動ができなかったりするためにっかんしゃくをおこすようです。こんな時に大騒ぎをしたり、子供の要求を通したりするとかえって逆効果になります。
子育て中のお母さんは優しく見守ってあげて下さい。おさまるのを待つか、興味や話題をかえるようにして見ましょう。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。