救急医療の実態

近年、小児救急医療体制の不備から、小児救急患者の医療施設たらい回しや患者輸送の手遅れから重大な事態に至るなどの問題が全国各地で発生しています。

小児科医そのものの数は横ばい状況であるものの、開業医の高齢化等に伴う診療施設の閉鎖や、ビル診療所等の増加などから、特に休日や夜間の小児救急医療体制の不備がクローズアップされ、大きな社会問題となっております。

また、患者・保護者の専門医指向等による小児救急患者の大病院集中と共働き世帯の増加に伴う休日・夜間診療ニーズの激増が大病院小児科等の激務と過労を招くとともに、それらがさらに小児科医志向の抑制に一層の拍車をかけていることが指摘をされています。

こうした事態に対し、厚生労働省は平成11年度から3カ年計画で、全国360地域の第二次医療圏ごとに、365日、24時間体制でいつでも子供を診察することができる小児専門救急医療体制の整備をめざした「小児救急医療支援事業」をスタートさせましたが、
平成12年度時点での実施地域は18件51地域(全体の14%)であり、平成13年12月末時点でも25件100地域であり、全体の27.7%に過ぎません。

その最大要因が全国各地における小児科医の大幅な不足であり、各都道府県における小児救急医療の体制整備を極めて困難にしております。

このよう現状では、小児科医の育成と保護が今後の課題のようです。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

もしもの時に

頼れるのは親です

子供はケガや病気をしたとき、無意識に親を頼ります。
こんなときに「ちょっと忙しいから待っててね」などと、そっけない態度をとるのは良くありません。子供は自分の症状をうまく言い伝えることができないことも多いのです。
取り返しの付かないことになっては手遅れですので、過保護になるくらいの気持ちでいたほうがよいでしょう。

基本的な応急処置は習得しよう

地域の消防署等で講習会がありますので、時間のある方は積極的に参加しましょう。
基本的な対処でも、子供の症状悪化を防ぎ、苦痛を軽減させることができます。

1.止血法
2.人工呼吸の方法
3.心臓マッサージの方法等

まさかの備えは?

救急の電話番号はご存知ですか???

緊急時に備えて医療機関の電話番号を見やすいところに設置しておきましょう。

かかりつけ医、日曜当番医・夜間救急センターなど、その他、各機関で電話サービスがありますので聞いておきましょう。

救急箱はお持ちですか?

子供をお持ちのご家庭では、最低でも以下のものを揃えましょう。

・小児用総合感冒薬
・小児用解熱鎮痛剤
・小児用下痢止め

この他にもビタミン・ミネラル類のサプリメント、小児用栄養ドリンクなどを常備しておくと、風邪をひいたときや疲労時の体力回復にも役立ちます。

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児