スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早寝・早起き・朝ごはんは毎日の習慣に!!

「早寝・早起き・朝ごはんは毎日の習慣に」

☆最近、夜遅くまで起きている子供達が多いようだ。
「どうしてかなぁ」と子供に尋ねてみると「お父さんもお母さんも起きているから私も起きているんだ。」そうかそうか・・・と確かにそのとおりだと納得せざるえないと思います。
昔は早寝、早起きをする子供が多かったが今は、親も共働きの家庭が多く帰りが遅かったり子供と
過ごす時間が少ないのではないのでしょうか?
それに答えて「早く寝なさい」と言う親がいなくなってきているのだと私は思う。
機械化と情報がすすんでいきゲームやパソコンなどで楽しむ子供が多いのも夜、遅くまで起きてい
る理由であるに違いない。

「どうしたら早寝、早起きができるの?」

☆なるべく親も早寝、早起きをするように心がけたいものですね!!親が見本となっておのずから
早寝、早起きをしていれば子供も自然に早寝、早起きをしてくると思います。

☆寝やすい環境づくりもとても大切だと思います。
(1)室内を暗くする。

(2)テレビのボリュームを小さくする。またはテレビの音が聞こえないようにする。

(3)小さな声で話す。

などまわりが気にかけ配慮をしていく必要があります。

☆夕食や早めに食べ、おふろなどは早め入浴するようにしましょう!!

(1)夕食を家族みんなで食べたいものですがお父さんの帰宅の遅い家庭では子供も先に寝かせる
ように心がけましょう。

「朝ごはんは大事?パワーはエネルギーの源」

(1)よく朝ごはんをぬく人がいましがこれは体にとってとても悪いことです。食べたくなくてもバナナ一本でもいいので食べるようにして下さい。

(2)もし朝ごはんを食べないと体のそれぞれの器官にダメージを与えることになり、そしてスト
レスやイライラした感情が出てきてしまいます。それと太る体型にも変わってしまうこともあるので注意が必要です。朝ごはんは必ず食べるようにして下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

「お手伝いをする人は賢い人間に・・・・・」

「子供のしつけや言葉遣いは家庭環境によって決まる?」

★子育てをしているお母さん、お父さん、毎日お疲れ様です。
最近では昔と違って仕事をしながら子育てをしている人は大勢います。
その中でうまく子供との関係をどうやって補っていくのか?

(1)まずは話し合いの場をもうけること(会話はとても重要です。)
(食事中や、お風呂に入っている時、寝る時など少しの会話でも十分です。)

(2)家族とのすれ違いが多い場合はメールやメモ、伝言版などを使用するとよい。

(3)休日は家族といっしょに過ごす。(「楽しかったなぁ」と思うような思い出づくりなど)

(4)勉強などをわからないところ見てあげる。

というように子供との接触、係わりをもつことが大切である。
子育てをしているお母さん、お父さんは、忙しいのでつい、お子さんと係わりをもたなくなってします。できるだけ係わりをもちましょう。
イライラしたり、怒ったりは禁物です。「でも、毎日のことなのでついつい怒ってしまうんですよね~」という親子さんは多いと思います。
[褒めて育てる]を基本にするとよいでしょう。
毎日を楽しく過ごすということを考えると自然に変わっていくと私は思います。

☆小さいうちから、言葉遣いも親が、子供の前で丁寧な言葉を使っていると自然に丁寧な言葉遣いになると思います。(これも家庭環境によって決まりますよね。)
だから小さい頃の子育てはとても大事なんです。


「お手伝いをする人は賢い人間に・・・・・」

「お手伝いは賢い人になれる」というのを知っていますか?
お手伝いとは本来、その人が一人でとても大変なので私も「お手伝いしょうか」ということで人の助けになるという意味なんです。要するに人の手助けですよね!!
子供の時からお手伝いをしているとそれが、大人になった時、どんな場面でも対応できると思います。それに物事を考えながら要領よくできるというのがとても良いですね。

★特に困難な場面なった時、”自分で物事を考えながら行動する”ということが一番大事になっていくと思います。
お母さん、お父さん、これからの時代は”自分で物事を考えながら行動する”ということかもしれませんね!!

テーマ : 子育て奮闘記
ジャンル : 育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。